Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

「日本人を通して、もっとルーマニアのことを勉強しようと思いました」ルーマニア日本語ガイド オワナ・パバロイユさん

      2017/02/26

f:id:yota1029:20151031053256j:plain

「はい、これ。お客さんからいただいたのど飴」

sponsored link

「ありがとうございます。あ〜、イリオモテジマのなんですね」

包装用紙を見て言った彼女のひと言に、驚いてしまいました。

「オワナさん、『西表島』っていう漢字が読めるの?」

「はい」

ルーマニア人、恐るべし。現地ガイドのオワナ・パバロイユさんは、まだ27歳ですが、非常に優秀な方です。

「オワナさんが、日本に興味を持ったきっかけは何だったんですか?」

「文学ですね。日本の小説はルーマニア語にも訳されていて、高校生の頃、よく読んでいました」

「たとえば、どんな作品を?」

ぼくは、村上春樹とかかなと思いました。

「たとえば、森鴎外、谷崎潤一郎、川端康成、夏目漱石などですね」

「え・・・。読んでて、面白いと思うの?」

「面白いですよ。小説に出てくる情景にすごく興味を持って、日本に行ってみたいと思いました」

「司馬遼太郎も知ってる?」

「はい、『燃えよ剣』とか、あと『坂の上の雲』も読みました」

「全巻? 相当あったでしょう」

「そうですね。でも読むのは、とてもゆっくりですよ」

ぼくだってゆっくりじゃないと読めないよ。

「日本語はどこで学んだんですか?」

「ブカレスト大学の日本語学科です。高校生の頃は理系だったんですけど、入試の3ヶ月前に、日本語学科に入りたいと思って、必死に勉強しました。試験で必要なフランス語は一から3ヶ月で勉強しなくちゃいけなくて、個人レッスンの先生にも『無理だ』と言われたけど、『責任は自分で取りますから』と言って、教えてもらいました。そしたら合格しました」

学生時代は一年間、奈良教育大学に留学。奈良の田舎の村が大好きだそうです。

「もう一度日本に住んでみたいと思いますか?」

「う〜ん、日本は大好きですが、今はあまり思わないです」

「どうして?」

「私は、社会主義時代のこと(悪い歴史)があったから、ルーマニアに対して、あまり誇りが持てなかったんです。それは私だけじゃなくて、同世代の多くが同じように感じていると思います。だからルーマニアでは、外国で就職するのが、成功と思われています。

でも、ルーマニアの本を多く書かれている日本人のみや こうせいさんとルーマニア北部を訪ねたとき、同じものを見ているのに、ルーマニア人と日本人では、受け取り方が全然異なることに気付きました。それでルーマニアのことに、以前より関心を持つようになりました。今はガイドの仕事を通して、ルーマニアのことをもっと勉強していきたいです」

sponsored link

 - インタビュー