Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

「見せかけの挑戦なんてやめちまえ!」自ら負けにいく覚悟

      2017/02/25

2日前にも書いたのですが、今度の土曜日に、自転車で熱海まで走ろうと思っていました。

「どこか温泉へ行きたいな」と思ったのが、最初の発想でした。

sponsored link

はじめに浮かんだのは、「箱根へ行く」という選択肢でしたが、「今の自分には箱根の山登りなんて無理だ」とハッキリわかっていたので、無難に熱海にしておこうと考えました。ずっと平坦な道だけど、熱海でも100kmあるし、まあいいだろうと。

しかし、昨日のブログを書きながら、「さて、それでいいのだろうか」という疑問が頭の中に湧いてきました。

「自分の限界を知りたい」とかカッコつけたことを言いながら、「無難に熱海」では、限界もクソもない。全然挑戦していないじゃないか。

「熱海まで走りましたー!」

と言えば、確かにロードバイクに乗らない人からしたら、「すごいですね!」ってなるかもしれない。

でも、できるとわかっていることをやって、「挑戦しました!」なんて、そんなの

「クズじゃないか」

もうひとりの自分が、騒ぎ始めました。

「見せかけの挑戦なんてやめちまえ! 挑戦というのは、世間の評価や他人の目を基準にするものではなくて、自分自身の中に基準を持つものだ」

前橋まで110km走れた自分からしたら、熱海まで走ることを「挑戦」とは呼べません。

逆に、世間的には大したことではなかったとしても、自分自身が「できるかわからない」「無理かもしれないけど、やってみよう」そういう気持ちでいるなら、それは挑戦と呼べるでしょう。

「洋太、箱根に挑戦してみろよ」

「でも、今のぼくには最後まで登れないよ。一番体力のあったときでさえ、左右の脚が6カ所つりながら、ようやく登れたくらいの坂道だったんだから」

「できないことに全力で取り組むことこそ、今のお前には必要なんだ。最近、できるとわかっていることしかやってないだろう」

「・・・」

「途中で『もう無理』となってもいいから。今の自分には、どこまで行けて、どこから先は行けないのか、その境界線を知ることができたら、きっと清々しい体験になる。今の自分のMAXを試してみろよ」

よし、決めました。熱海はやめて、箱根の山登りに、挑戦してみます。きっと最後まで登れないけど、それでもいい。自転車を押して歩いてでも、ゴールまで辿り着こう。前のめりに倒れよう。正々堂々と負けよう。

「熱海で勝つよりも、箱根で負けるよ」

「その方が、ずっとずっとカッコいい」

自ら負けにいき、今の限界を知ること。その覚悟がきっと、自分をその先の舞台へと進めてくれる。

挑戦は続く。

sponsored link

 - ブログ