Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

「ただいま」

      2017/02/25

12632923_1087181321322122_1842048315_o

「ツール・ド・九州」最終日、博多駅にゴールしたあと、糸島市まで30kmほどさらに走った。

sponsored link

その日泊めてくださったのは、東京から糸島に移住された福島さんだった。かつて渋谷の飲み会で出会い、ほんの数分お話しただけの関係だったが、「福岡ではぜひ糸島の我が家に」と歓迎してくださった。

家に着くなり、奥さんが車で近くの居酒屋に連れていってくださった。そこに、福島さんと糸島を盛り上げている方々がいらっしゃった。

12636997_1086103351429919_1911891369_o

「中村さん、大寒波のなか、九州一周お疲れさまでした!」

もう、明日のことは気にしなくていい。ビールがうまかった。ユニークな方々から、面白い話を聞かせていただいた。

「糸島は、東京の人にとっての湘南のようなエリアですかね。近年はおしゃれなカフェも多く、博多から日帰りで楽しめる人気のスポットなんですよ」

糸島という土地が気になった。翌日、福島さんの車で案内していただいた。

12669747_1087156671324587_2060428769_o

いや、糸島の名産をひたすら味わっていた、というほうが適切かもしれない。

image

牡蠣小屋で牡蠣やいくらご飯、地タコを食べた。

image

そして「またいちの塩」という製塩所で人気の塩プリン。

12656409_1087156677991253_1499726759_o

これが絶品で、素晴らしかった。海を眺めながらというロケーションも最高。

(どうして昨日、晴れなかったんだろう・・・)

12656138_1087156701324584_514737812_o

そして、糸島の高級卵ブランド「つまんでご卵」の直営店を訪ね、社長の息子さんに農場を案内していただいた。

12630944_1087156781324576_1176010141_o

12631083_1087156711324583_1877136067_o

実はこの早瀬さん、昨夜飲んでいたメンバーのひとりだった。東京農大で養鶏の勉強をしてから、糸島で家業を継いでいる。早瀬さんの話を聞いているうち、ぜひこのお店を訪ねたくなったので、福島さんに連れてきていただいた。

養鶏所を訪れたのは初めてだった。

12669283_1087156727991248_2089356353_o

「鶏は、どのくらいの頻度で卵を産むんですか?」

「20日に19回のペースですね」

「そんなに!?」

当たり前のように食べている卵のことでも、知らないことだらけだった。

この高級な卵を使った、塩麹キャラメルロールケーキを食べた。

12630721_1087156734657914_468475683_o

これも絶品だった。そして早瀬さんがプレゼントしてくださった、安納芋のやきいもも素晴らしい甘さだった。

12633285_1087156764657911_1386157215_o

糸島を満喫し、福島さんの家を出発した。

12656283_1087156787991242_95972578_o

晴れていて、気持ち良かった。海岸にも立ち寄った。

12633091_1087156811324573_874208444_o

13km走り、姪浜にある株式会社西宣にやってきた。

旅の初日、福岡空港で出迎えてくださった、入江社長の会社だ。

【ツール・ド・九州 第1ステージ】雪の舞う福岡 空港で待っていたのは・・・

「おかえりなさ~い!頑張ったわね!無事に終わってよかった」

夜は、入江さんとお父さん、娘のはなちゃん、うたちゃんと一緒に、西新のフレンチへ。とても料理もワインもおいしく、楽しい時間だった。

12636980_1087156817991239_1851447217_o

入江さんの家に帰ってから、飲み直し。「獺祭」と「富翁」、日本酒はどちらがいいかと聞かれて、獺祭は飲んだことがあったので、富翁を選んだ。

12630694_1087156834657904_130219928_o

「うわ~、うまい」

うたちゃんに手相占いをしてもらったり、結婚相手探しでダメ出しされたり、入江家のエピソードの数々に大笑いした。この家族と過ごしているととても落ち着くし、笑いが絶えない。21歳で来たときもそうだった。博多が大好きになったのは入江家のおかげだった。

また博多に来たい、と思っていても、前回から7年という月日が経っていたくらいだから、次にいつ来られるかはわからない。それでも、特別好きな街だ。深夜3時まで話していた。

翌朝、朝ごはんも豪勢だった。博多明太子が食べられて幸せだった。

12636926_1087156844657903_1004905189_o

そして、お昼の飛行機で、羽田に着いた。家までの20kmが、最後の自転車旅だった。

あっという間の9日間だったし、まだ自分にどんな変化が起きたのか、整理はつかないけど、きっと、良い体験になったはずだ。

ふと、学生最後のブログに書いた言葉を思い出した。

「明日から社会人になる。ブログもどうなるかわからないし、今までのような挑戦も当分は出来ない。だけど、必ずまた自分の舞台に戻ってくる。新たな挑戦に備えてしばらく修行してきます」

『青春の輝き』

「必ずまた自分の舞台に戻ってくる」という、5年前の約束。

やがて、見慣れた多摩川河川敷に出てきた。

雲間から溢れる光が、ぼくの未来を明るく照らしているような気がした。

思わず、

「ただいま」

という言葉が漏れた。

(長かったなあ)

としみじみ思った。

まだまだ、部分も部分に過ぎないけれど、ぼくの魂のかけらは、あるべき場所に、戻ってきた。九州の大地が、「大寒波」という形をとって、魂を蘇らせてくれた。

旅を振り返った。

12632882_1082491711791083_650618573_o

12620425_1083032741736980_753881635_o

12637113_1083032951736959_461294512_o

12607229_1083088118398109_28429732_n

12632867_10201565419335176_2070205485_o

12620895_1083682295005358_1667263815_o

12596833_1083682341672020_852666710_o

12633111_1083682381672016_1390093880_o

12499517_1084275994945988_1677223299_o

12499512_1084276138279307_1544779625_o

12632937_1084276184945969_1782113996_o

12596933_1084276241612630_1693217734_o

12636845_1084275831612671_629055110_o

12637413_1084800518226869_525174712_o

12630992_1084800554893532_2053712542_o

12633300_1085502214823366_1285080474_o

12637060_1085502298156691_190074162_o

どこからか、

12630936_1085502258156695_699674165_o

声が聴こえた気がする。

12633144_1086103304763257_1756554870_o

12591770_1086103328096588_1608220514_o

「おかえり」

12632862_1087156874657900_763969803_o

挑戦は続く。

sponsored link

 - 2016 ツール・ド・九州(真冬の九州一周自転車旅)