Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【“ニッポン”の発信基地 Vol.2】ABC Cooking Travel の挑戦

      2017/02/26

ABC Cooking Studio といえば、今や誰もが知る日本最大級の料理教室である。

そのグループ内の ABC Cooking Travel が、最近おもしろい取り組みを始めた。

sponsored link

外国人観光客向けの築地見学ツアーを行い、さらに銀座のクッキングスタジオに移り、手巻き寿司など和食の料理体験レッスンをするというものだ。

12719541_1560536604261393_6753018717979966752_o

現在、そのモニターツアーを毎週火曜日に開催しているというので、早速ツアーに同行して取材を行った。

朝9時半、築地の本願寺前で集合。今回の参加者は、バルセロナからお越しのスペイン人カップルだ。バーネットさんとスサナさん。日本は初めてで、約2週間の滞在。東京で過ごしたあと、大阪・京都・奈良へと移動するそうだ。

12823107_1112888585418062_1208827200_o

案内人の諏訪部さんは、たくましい旅人である。2014年2月から1年間、女ひとりで世界一周をし、39カ国を回ったそうだ。

さて、人間、地元のことは、近過ぎて意外とよく知らないものである。日本へ来る外国人なら、まず間違いなく築地へ足を運ぶというが、東京に暮らしている自分は、ほとんど築地へ行くことがない。

場内市場へ足を踏み入れるのも、今日が初めてだった。今年中に豊洲に移転することが決まっているので、訪れることができてよかった。この世界最大の魚市場では、「ターレー」と呼ばれる荷役用の車が凄まじい勢いで行き交っていた。

見たこともない巨大な貝やマグロの解体作業に、バーネットたちも興味津々。

12789791_1112888628751391_2092222731_o

12517074_1112888612084726_726463711_o

12837770_1112897975417123_162509273_o

案内したい場所が多いためついつい急ぎ足で歩いていると、「写真を撮りたいからもう少しゆっくり歩いて」と言われてしまった。なるほど、日本人である自分たちにとっては当たり前の景色かもしれないが、観光客である彼らにとっては珍しい。彼らのペースに合わせるのが良いようだ。

12809950_1112888652084722_2059722014_o

やってみて、フィードバックを受けて、改善して、またやってみる。その繰り返しで、進化していく。取材しながらも、新規事業のおもしろさを感じていた。ヒントは現場にある。

12842586_1112888722084715_329706108_o

再び外へ出て、だし巻き卵とワサビを買った。これを持って、今度はタクシーで銀座へ移動。バーネットは自動で閉まるタクシーのドアに感動していた。

12823001_1112888752084712_820107173_o

会場となるABC Cooking 銀座ファイブスタジオである。

12837260_1112888732084714_1330499367_o

エプロンと帽子を装着し、いよいよ料理体験! 今度は英語を話す料理の先生が登場。

12822918_1112888775418043_965585379_o

11993051_1112888792084708_921624942_o

本日のメニューは、手巻き寿司、手毬寿司、そしてだし巻き卵だ。

まずは酢飯を作る。ぼくがご飯をかき混ぜている間、バーネットがうちわで扇いでくれた。「暑いだろ?君を扇ごうか?」とご機嫌だった。

12837166_1112889012084686_1529066061_o

12235445_1112888798751374_1150566035_o

12082018_1112888888751365_1052097763_o

先生がだし巻き卵を作るのを見たあと、今度は3人が順番に挑戦。なんだかアトラクションみたいで楽しい。ぼくも初めての体験だったが、教わった通りにやれば、そんなに難しくなかった。家でもやってみよう。

10578798_1112888862084701_417371321_o

DSC_0152

「日本のオムレツは甘いんだな。スパニッシュオムレツはポテトやベーコンも入れるんだぞ」

「ミソスープはわかるけど、ミソって一体なんなんだ? 大豆なのか? ワオ」

なかなか良い反応をしてくれる。

最初は少し戸惑っていた二人も、だんだんリラックスしてきて、笑顔が増えてきた。だし巻き卵が完成したときはみんなで拍手をして喜んだ。

バーネットは料理をする彼女にメロメロの様子だ。

12837665_1112888835418037_2124027513_o

「手毬寿司」は、初めて聞いた言葉だった。ラップの上に、マグロやサーモンを置き、その上にご飯を乗せる。ラップでギュッと形を整えれば完成。手毬のようだから手毬寿司。そのままだけど、簡単でおいしい。

12810190_1112888915418029_306617072_o

ワサビをする体験も、外国人には珍しかった。

そしてお盆に盛り付けて、いよいよ完成だ!

12842384_1112889652084622_1581330101_o

ニュージーランド人のダニエルさんがこのタイミングでやってきた。彼は日本語を勉強中の学生だ。「この前桜餅を作ったよ」と話していた。

手巻き寿司もだし巻き卵も、とてもおいしかった。料理体験はさすがABC Cooking のノウハウが生きていると感じた。進行に無駄がない。

食べ終わって、一息ついて12:30。日本人である自分にとっても、新鮮な体験で、とても充実した3時間だった。修了書をいただいた。

11665656_1112889035418017_1735086126_o

身近に外国人観光客のご友人がいたら、ぜひこのツアーを教えてあげてほしい。きっと忘れられない体験となるはずだ。

12810163_1112888975418023_1855931342_o

sponsored link

 - ブログ