Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 中村洋太の挑戦と発信のブログ

すき家にて

      2017/05/28

すき家に入ると、隣のテーブルに、サッカーの練習帰りと思われる3人組の中学生が座っていた。

ひとりがトイレに入ると、座っていた奴がイタズラでノックしに行ったりと、なかなかヤンチャで騒がしく、他のお客さんにも迷惑な存在だったが、ぼくは黙って見ていただけで、注意などはしなかった。

sponsored link

そんなとき、小さな事件が起きた。

お母さんと入店した6才くらいの男の子が、レジからひとりで牛丼を席に持ってくる途中、つまずいてセットのカルピスを全てこぼしてしまった。

お母さんはまだレジの方にいて、この事態に気付いていない。床一面のカルピスを前に、どうしていいかわからない男の子は、無言で立ち尽くしていた。

ぼくが店員を呼びに立ち上がろうとした瞬間、隣のテーブルから声が聞こえてきた。

「あーあ、やっちまったな〜」

「どうする?」

「助ける?」

「助けようか」

ぼくは立ち上がるのをやめた。中学生たちがテーブルにあった紙ナプキンをごそっと掴んで立ち上がったのを、また黙って見ていた。

「はい、これで拭きな」

と男の子にナプキンを手渡したところで、ぼくは立ち上がり、中学生たちに、

「店員さんに雑巾をもらってくるね」

と声をかけた。

「あ、ありがとうございます」

やがて店員さんがモップを持ってやってきて、お母さんも戻ってきた。

「あら〜何やってるのよ〜。どうもすみません、ありがとうございます」

と言われた中学生たちは少し照れ臭そうに席へと戻り、男の子は新しいカルピスをもらい、この小さな事態は収拾した。

中学生たちが「そろそろ出るか」と再び立ち上がったとき、ぼくは彼らに「ありがとうございました」と頭を下げた。それが、とても大切なことだと思った。

sponsored link

 - 忘れられないエピソード