Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

食いつながない勇気

   

昨日、久しぶりに銀行へ行ったら、預金が思ったよりも少なくてゾッとしました。

(あれ・・・もう少しあったような)

sponsored link

このままニートの状態が続くと、あと数ヶ月で底を尽いてしまいます。サラリーという固定収入のない不安に、早速押しつぶされそうになりました。

自由な発想を持てることが、自分の良さのひとつだと認識しています。しかし、どうも収入面の不安が頭の片隅にでもあると、フレキシブルな思考が阻害されるようです。不安のない状態で自由な発想を持つためには、最低限の収入をガツッと稼がないといけないかもしれません。フリーランスになった初期の段階では、あまり内容にこだわらずに、割り切った仕事もしていこう。徐々にシフトしていけばいい。

と、昨夜までは思っていましたが、

今朝、考えは変わりました。

朝6時から13kmのランニングをしてきました。帰ってきてiPhoneを開くと、メッセージが届いていることに気づきました。

人気ブログ「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」を運営するKeiさんからでした。

この記事読んで、なんか洋太さんに共有しとこうと思いました

という言葉とともに、記事のURLが送られてきました。『嫌われる勇気』の著者でもある、ライターの古賀史健さんの記事でした。(ちなみに古賀さんの『20歳の自分に受けさせたい文章講義』も名著です)

「つなぎ」の仕事から自由になるために。|古賀史健|note

響いた箇所を引用します。

でも、これはなかなか表現がむずかしいところなんですけど、ぼくらライターが「食いつなぐ」ための仕事を続けていたら、ぜったいに先細りしちゃうんですよ。

ライターの仕事はただでさえ利他的というか、あふれ出る自分の思いを作品に昇華させるアーティストとは違って、誰かの思いを昇華させるのをお手伝いする仕事なので、根っこのところにその誰かへの「好き」がないと、ぜったいにうまくいかないものなんですね。好きになったあのひとのためにがんばる、みたいな軸がないと。

ところがここに「食いつなぐ」という別の軸が入っちゃうと、どうしても心がブレる。好きになる努力をあきらめ、好きになることをしないまま、お金のためにお仕事しちゃう。結果、でき上がる原稿もつまんないものになっちゃう。好きじゃないひとのために書いた原稿なんて、おもしろくなるはずがないんです。

だから金銭的な意味で「食いつなぐ」とか、対クライアント的な意味で「関係をつなぐ」とか、そういうモチベーションで仕事に臨んでると、いつまでたっても次のフェーズにいけない。ぜんぶが「つなぎ」の仕事になっちゃう。

理想論に聞こえるかもしれないけど、やっぱり儲けってのは「あらかじめ確保する」ものではなく、「あとからついてくる」ものだと信じる勇気が必要だと思うんです。

(まずい、このままでは貯金が尽きてしまう。仕事の内容はどうであれ、とにかく稼いで食いつなごう)

と不安に煽られて考えてしまった自分に、ドンピシャに響きました。

ぼくにも、「この人の考え方を、自分が言葉にして紹介しなければいけない」という内から湧き上がるような気持ちでインタビューをしていた経験があるため、古賀さんのおっしゃっていることはよくわかりました。

お金よりも、やはりその気持ちを大切にしよう。不安だし、とても勇気のいることだけど。でも、きっとお金はあとからついてくる。自分を信じること。自分のやりたいことを信じること。

初心に返ります。ありがとう、Keiさん!

sponsored link

 - ブログ