Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

クラフトビール 東海道五十三注ぎ(5)箱根〜原

   

53杯のクラフトビールを飲みながら、
東京〜京都 東海道500kmを歩く企画!

クラフトビール 東海道五十三注ぎ
第5ステージ 箱根(芦ノ湖)〜原 28.5km
本日までのクラフトビール 16杯/53杯

sponsored link

昨日のブログでお知らせしましたとおり、今朝は7時半から旅のLIVE中継を行いました。たくさんの方に見ていただけ、楽しかったです。結局2時間、ずっと片手で携帯を持ちながら放送していました。箱根の美しい景色を紹介することができてよかったです。ドイツから見てくださった方もいらっしゃいました。明日も朝8時前後にやります。

標高846mの箱根峠を越え、静岡県に突入。ひたすら坂を下っていくと、遠くに三島の街が見えてきました。

石畳の旧街道も歩きました。

途中、東海道の反対側から歩いてくるご夫妻に声をかけられました。

「あんた、どこから?」

「日本橋です」

「うちらは、京都から」

「えー!」

「もちろん、歩いて戻って歩いて戻ってよ。今日はもう少し歩いたらバスで帰る。あんたは?」

「日本橋から京都まで、一気に歩きます」

「一発で行くんか!そりゃあすごい!頑張ってな!」

握手して別れました。

今日はクラブツーリズムの「東海道を歩く旅 沼津〜原」というグループ旅行の方々とも遭遇しました。そういう旅が今、多いんですね。山手線一周の旅とかもありました。

江戸から数えて11番目の宿場、三島に到着。

三島は古くから伊豆の中心地として栄え、三嶋明神の門前町として大変な賑わいを見せていました。箱根に関所が設けられると、三島宿は箱根越えの拠点としてさらに賑わうようになりました。というわけで、広重の絵にも描かれている三嶋大社で、旅の成功を祈願してきました。

そうだ 京都へはちょと遠いから

三島で食べよう おいしいものは

みしまコロッケ

そして、三島にある藤田治療院を、ご挨拶のため初訪問しました。

これまで三浦知良さん、名波浩さん、高原直泰さん、小野伸二さんらをはじめ、多くのサッカー日本代表選手やその他世界と戦うアスリートたちを治療してきた藤田義行さん。


ランナーであるぼくの兄も、わざわざ三島まで治療に行くほどです。 藤田さんとお会いしたのは、2009年に一度だけ。ぼくが池袋の東京芸術劇場で和太鼓を演奏したときに観客として聴きにきてくださり、非常に感動してくださったのです。

お会いするのは7年ぶり。それでもぼくの活動をFacebookなどで見てくださっていて、治療院を訪ねたら、伊豆のクラフトビールを2本プレゼントしてくださいました。本当にありがとうございます!今夜は別のビールが出てしまったので、後日改めてご紹介させていただきます。

そして、三島は鰻で有名なので、ちょっと奮発して、兄にオススメされた、鰻屋さんを訪問。

1856年創業の「桜家」さん。

精力を蓄えました。

三島から沼津へと向かっている途中、

旧東海道を歩いていたら、突然、見知らぬ方に呼び止められました。

「すいません、中村さんですよね?」

「え?」

「ブログで中村さんのことを知り、どうしてもお会いしたくて、車で東海道を走りながら、探していました」

「えーー!? どうしてまた」

「実は、ぼくのおばあちゃんが難病を患っていて、『もし元気だったら何がしたい?』と聞いたら、『東海道五十三次を歩きたい』って言ったんです。だから、ぼくが代わりに東海道五十三次を歩いて、写真を見せてあげたら、少しでも行ったような気持ちになれるんじゃないかと思って。

それで今朝、Twitterで『東海道五十三次』と検索したら、中村さんのブログにたどり着きました。ちょうど今日箱根を出られて、お昼に三嶋大社の写真を上げられていたので、そろそろこの辺りを通るんじゃないかと思って、やってきました。握手してください!あと、少しだけ一緒に歩いてもいいですか?」

「もちろん!( ;∀;)」

そして、数百メートルだけでしたが、一緒に歩きました。

「実際に歩いている人に会えて、お話を聞けて、本当に良かったです!おばあちゃんにも中村さんのこと話したんです。すごいねって言ってました。ぼくも東海道を歩けるように頑張ります!これ、ビールばかりじゃ辛いと思って、富士山の水を買ってきました!ぜひ飲んでください!」

感動しました!三澤康介さん、ありがとうございました!

沼津に到着。

沼津には「ベアードブルーイング」というビール会社がありますが、さすがに持ちきれないので買うのは断念。さらに先へ進みました。

旧東海道をまっすぐ歩いて、16時半頃、宿場町の原に到着。

実は、前職の同期の実家が原にあり、泊めていただけることになりました。しかも東海道に面したところに家がありました。富士山も見える立地ですごい!

植松ファミリー。同期の友人は現在スペインの旅に添乗中。

本人は不在だけど、この旅のために素敵なお土産を残してくれていました!なんと、まさに飲みたかったベアードブルーイング(沼津)のクラフトビール4種類!

スルガベイ インペリアルIPA
「まるで夜空を鮮やかに彩るホップの花火大会だ!」

沼津ラガー
「ソフトでやさしく、クリーンなあと味」

修善寺ヘリテッジヘレス
「クリーンで丸みがありバランスの良いゴールデンラガー」

ライジングサン ペールエール
「日本の美学『究極のバランス』」

どれもおいしかったー!ありがとうございました!!

明日は、27km先の由比まで歩きます。朝の生中継をよろしくお願いします!

挑戦は続く。

sponsored link

 - 2017 クラフトビール 東海道五十三注ぎ(東京〜大阪600km徒歩の旅) ,