Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

複業時代のロールモデルになりたい

   

「複業時代のロールモデルになりたい」と、最近よく思います。

新卒で入社してから、ひとつの企業で定年まで働く。昔はそれが当たり前だったかもしれませんが、ネットの発展によって、様々なことができるようになった現代では、もっと色々な「働き方」の可能性があると思います。

sponsored link

何が正解かはわかりませんが、働き方の可能性に挑戦してみたい。

ぼくは、会社員時代、土日の時間を使って様々な活動をしてきました。

想いを持って活動している人にインタビューを行い、記事にしたり。

「ツール・ド・和菓子」というサイクリングツアーを企画したり。

「20代若者のための週末課外授業」というイベントを主宰し、コーヒー講座やワイン講座を開いてみたり。

本気で遊んだ経験が、本職にも良い影響を与えました。たとえば、和菓子の知識が、お客様とのコミュニケーションに生きたり。あるいは、添乗員としてフランスへ行った際に、現地でサイクリングツアーを企画しご案内したり。仕事だろうと遊びだろうと、真剣にやれば無駄な経験はひとつもなくて、相互に良い作用をもたらすはずです。

実際、そのとき遊びでやっていたことが、今、フリーランスになってから、仕事になりつつあります。

ぼくは複業(副業)OKな時代の到来を歓迎しています。そして、自身が様々な企業と連携しながら働き、生きていくことで、新しい時代のひとつのロールモデルになれたらいいなと考えています。

自分のやりたいことを、我慢することなく、仕事として実現していく生き方。単なる遊びなら自費でやるしかないですが、頭を使って、企業とコラボできるように持っていくことができれば、きちんと仕事として昇華できるはずです。

現時点で思いつくことですが、以下にやりたいことを書き出してみます。このうち、いくつ実現できるかわかりませんが、書き出し、発表することで覚悟を持ちたいと思います。

・3月はミャンマーへ行きたい。
・都内のサイクリングツアーを継続的に実施したい。
・国内・海外問わず、現地に取材に赴き記事を書く、トラベルライターをやりたい。
・海外のクラフトビールのお店や、ビール醸造所を自転車で巡る旅をしたい。
・英語圏の国へワーキングホリデーに行きたい。
・2018年冬のワセオケのヨーロッパ公演を現地で聴きたい。
・ポートランドへ行きたい。
・ホノルルマラソンに出たい。
・定期的にマラソン大会に出たい。
・東北自転車旅(仙台〜青森)をしたい。
・司馬遼太郎の作品を読みまくりたい。
・自炊を続けて料理がうまくなりたい。
・早朝ランニングを習慣にしたい。

日々を過ごしていく中で、やりたいことはどんどん増えていくと思います。柔軟に、やっていきます。

行動基準はシンプルです。

会いたい人に会う。
食べたいものを食べる。
行きたいところへ行く。
やりたいことをやる。
生きている実感を持つ。

好奇心に従い、わがままを貫きながら、社会に貢献していければと思います。人生の時間は限られているから、何かのために自分と時間を犠牲にして働く、ということは避け、常に好きなことをして、それによって自分を生かしていきたいです。

挑戦は続く。

sponsored link

 - ブログ