Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

カレーリャのスイミー

      2017/03/10

その日ぼくは、バルセロナから自転車を漕ぎ出して、北に110km先のジローナという町を目指していた。

sponsored link

右手には美しい地中海が広がる。8月でも、日本のような湿気はない。突き抜ける風が爽快だった。

すぐ横を、列車が通り過ぎた。この列車は地中海沿いの町々を結ぶ。南仏のナルボンヌやマルセイユ、ニース、モナコを通って、さらにイタリアのリビエラ海岸を走りジェノバへと向かう、ヨーロッパでも屈指の景勝路線だ。

60kmほど走ったころだろうか。カレーリャという小さな町に入ると、美しいビーチが飛び込んできた。こんなところで泳いだら気持ち良さそうだ。

こちらの海は、日本の海と少し違う。海から出たとき、まるで真水に浸かっていたかのように体がサラサラしているから、シャワーを浴びる必要がない。だからバルセロナの人々にとって、海で泳ぐということは、日本人が考えているよりも、遥かに気軽なことなのだ。タオルと水着だけ持って、「今日は天気がいいし、ちょっと泳いでくるかな」という風に。バルセロナでお世話になったクミカさんが、そんなことを言っていた。

自転車を停めて、ビーチの写真を撮っていると、地元のおじさんが話しかけてきた。

「あそこに海の色の違うところがあるだろう」

「本当だ。何ですか、あれ」

「あれは小さな魚の群れなんだ。とても珍しい光景なんだよ」

たしかに、うねうねと姿を変えている。しかし、動きの揃い方があまりに見事なので、とても小さな魚の群れとは思えなかった。国語の授業に出てきた『スイミー』を思い出した。なんだか懐かしい。

ジローナまで、残り50km。道は内陸に向かい、バルセロナから続く海岸線に別れを告げた。

海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

sponsored link

 - スペイン, 記憶の風景 ,