Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【元海外添乗員としてこれだけは言いたい】ミュシャ『スラヴ叙事詩』展を見逃したら一生後悔するレベル

   

異例の会期延長が続いた、プラハでの『スラヴ叙事詩』展

2015年3月。プラハのヴェレトゥルジュニー宮殿。扉を開けた瞬間、あまりの作品の大きさに息を呑みました。

sponsored link

アルフォンス・ミュシャ(ムハ)の最高傑作『スラヴ叙事詩』全20作品の特別展示は、世界中の美術ファンが唸る内容でした。美術ファンでなくとも、ミュシャファンでなくとも、これだけは一度見てみたいと、そのためにチェコへ旅行するお客様もいました。

そして、私は幸いにも添乗員として、この『スラヴ叙事詩』展を鑑賞するツアーに同行させていただきました。

最大で6m×8mという巨大なキャンバスに、スラヴ民族の歴史が美しく描かれています。ミュシャが「生涯の大作」と位置付けた重要な作品で、16年という歳月をかけて制作された超大作です。

通常、この作品はプラハから電車で4〜5時間かかるモラフスキー・クルムロフという辺鄙な場所にあるのですが、それがごそっとプラハにやってきました。

当初は2013年9月までの展示予定だったのが、あまりの人気により、2013年12月まで延長→さらに2014年12月まで延長→さらにそれでも収まらず、2015年12月までという異例の再々々延長が決まった特別展となったのです。こんな話、聞いたことありません。

チェコ国外・世界初公開の場所が、なんと東京・六本木!

その『スラヴ叙事詩』全20作品が、はじめて国外に持ち出されました。

記念すべき場所として選ばれたのが、なんと東京! 六本木の国立新美術館です。

2017年最高の美術展と言っても過言ではない「ミュシャ展」が、いよいよ本日、3月8日から始まりました。会期は6月5日までです。

私は実際にプラハでこの展示を見れて、心底感動しました。満たされました。

美術ファンでなくとも、絶対行ってください。絵画に興味がなくても、must go レベルです。こんな貴重な機会、二度とありません。価値を感じるのは後からでも遅くなりません。

息を呑む美しさです。

 

sponsored link

 - 行ってみた ,