Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【本当にインド?】南インド最南端に広がる驚きの色彩世界

   

旅行会社に勤めていたとき、南インドのツアーを刷新するため、ぼくが指名されて、2015年に視察へ行った。

sponsored link

ヒンドゥー教の聖地、コモリン岬での発見

インド最南端のコモリン岬(カニヤークマリ)は、アラビア海、インド洋、ベンガル湾と3つの海が交わる場所。ガンジス河から遠く離れた南インドでは、ヒンドゥーの聖地として知られていて、日没時や早朝には、多くのヒンドゥー教徒が岬の先端に集まり、祈りを捧げる光景を目にすることができる。

このコモリン岬を視察した際、大きな発見があった。それは、町の東部のホテルの屋上にあるレストランを訪ねたときのこと。窓から見下ろした町の美しさに、思わず声を上げてしまった。

(コモリン岬にこんなに色彩豊かな町があるなんて、一度も聞いたことがなかった)

それはガイドブックにも紹介されていないし、インターネットで検索しても出てこない景色だった。最南端の地なので、どうしても南部に目がいきがちだが、実は町の東側が素晴らしいということに気付いた。

いてもたってもいられず、急遽予定を変更し、「昼食後、この町並みを散策させてほしい」とガイドさんに頼んだ。そして散策ルートをメモしながら、窓から見えたカラフルな家並みの中を歩いてみた。

およそ30分の散策だったが、とても素晴らしかった。中米のコロニアル都市を思わせるカラフルな家の通りでは、漁師さんたちが網や道具を片付けていたり、お母さんが世間話をしながら子どもたちをあやしていたり、素朴な生活風景を眺めることができた。

ベランダから、玄関から笑顔を覗かせる子どもたち。そして16時過ぎになると、帰宅中の小学生たちが、道にたくさん現れた。彼らはとても人懐っこく、カメラを向けると「撮って撮って」と笑顔を向けてくれた。

南インドに広がるキリスト教世界

また、広場には真っ白な教会があった。ヒンドゥー教徒が圧倒的に多いインドだが、キリスト教徒も約2000万人存在する。そして実は、キリスト教徒の約4割が南インドに集中していて、多くの場所で教会を目にする。

入り口で靴を脱いで教会に入ると、内部に椅子はなく、鮮やかなサリーを着た女性たちが、地べたに座って静かにお祈りを捧げていた。その光景になんとも南インドらしさを感じた。

P.S. 大学の後輩が、ぼくの勧めを受けて実際にこの地を訪ねてくれて、先日「待ち受け画面にしています」と画像を送ってくれた。

sponsored link

 - インド, 行ってみた , ,