Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 中村洋太の挑戦と発信のブログ

【お知らせ】DJI JAPAN 株式会社の協賛が決定。映像機材「Osmo Mobile」をご提供いただきました。

   

文章や写真の世界に惹かれてきましたが、今、新たに興味があるのは、「映像」の世界です。

sponsored link

「アメリカ滞在中、様々な映像を撮って、日本のみんなにシェアしてみたい」

そういう想いがあり、映像機材を探していました。使用映像を観て一目惚れしたのが、ドローンで世界トップシェアを誇るDJIというメーカーが製造している「Osmo Mobile」という機材でした。

映像を撮るのは、自分のiPhoneのカメラです。「Osmo Mobile」にiPhoneをはめると、手持ちでブレのない滑らかな映像撮影が可能になります。

初めてこれを欲しいと思ったのは、実は今年1月のことでした。

東京から京都まで、東海道五十三次を歩いていたとき、その体験をシェアするために、ぼくは自撮り棒で自分を映しながら、Facebookでライブ中継を何度もしていました。非常に多くの友人が見てくれていましたが、悔しかったのは、歩きながらの映像なのでどうしても振動が伝わりブレブレの映像になってしまったこと。これではいくらコンテンツが良かったとしても、視聴者に余計なストレスがかかります。

なんとかこのブレを軽減できないか。そう思って調べたときに、「Osmo Mobile」を見つけました。

「今度旅行をするときは、これを持っていきたい」

そのときから漠然と思っていました。

それで、以前この「DJI JAPAN」のマーケティング担当の方にメールを送ってみたのですが、残念ながら返信はいただけず。知り合いの社員がいないのですから、無理もありません。

次に、渋谷のビッグカメラに行きました。とにかく、まずは機材を触ってみたいと思って。しかし、たまたま行ったお店が悪かったのか、商品はあったものの、実際に使ってみるということができませんでした。

アメリカ出発まで残り1週間を切り、そろそろ映像の問題を片付けないといけないと焦り始めた今週月曜日。

「とにかく、会社に行ってみよう。きっとショールームみたいな場所があって、そこで実際に体験してみたり、できるんじゃないか」

と勝手な想像をして、ぼくは勢いで品川のオフィスへ行きました。

しかし、ショールームのようなところはどこにもなく、おまけに扉をノックするのも緊張するような入り口でした。だけど、ここまで来たら、行くしかない。思い切ってノックしました。

そしたら女性スタッフの方が出てきて、

「どなたにアポイントでしょうか?」

「大変申し訳ございません。アポイントを取らずに来てしまったのですが、マーケティング担当の方にご相談があり、、、」

他に望みがないので、必死に説明をしました。

「・・・アメリカで使用する機材のご相談ということですね。かしこまりました。あいにく本日担当者が不在なのですが、こちらの件は伝えさせていただきますので、後日のご連絡をお待ちください」

とにかく、やれるだけのことはやった。清々しい気持ちで帰路について、ぼくは「飛び込み営業をしてきました」ということをFacebookに書きました。そしたら夜、大学時代のサークルの後輩からメッセージが届きました。

DJIに知り合いの方がいて、飛び込み営業の話をしたら興味を持ったみたいで以下のメッセージをもらいました。良かったら連絡してみてください

すぐに連絡を取ると、翌日オフィスでお会いできることになり、ぼくはまた品川へ行きました。

お会いしたDJI JAPAN ポリシーディレクターの福田さんは、非常にユニークな経歴の持ち主で、短い時間でしたが本当に楽しいお話ができました。ぼくのやりたいことを気に入ってくださり、「早速この後、マーケティング担当者に話をしてみます」と言ってくださいました。

その帰り道、福田さんからすぐにメッセージが届きました。「担当者がお会いして話を伺いたい、とのことです」と言ってくださったので、また翌日に品川へ行きました。飛び込み営業をした日から、3日間連続で企業に通うことになりました。

3日目は、福田さんのほか、アソシエイトマーケティングディレクターの柿野さん、ソーシャルメディアマネージャーの川中さんが同席しました。

「中村さんのことについて、お話いただけますか?」

と言われたので、ぼくは5分ほどで自分のこれまでのことと、これからやりたいことについて話しました。その結果わかったのは、アメリカ留学の件に限らず、自分がこれからやろうとしている様々な活動が、「映像」と非常に相性が良いことでした。

そして大変ありがたいことに、その場で協賛していただけることが決まりました。

ぼくはついに、念願の「Osmo Mobile」を手にすることができました。夢のようでした。手にとってグリップを握った瞬間、本当に素晴らしい製品だと直感しました。

さらに、DJIの代名詞とも言えるドローンも、初めて手に取りました。まだわかりませんが、もしかしたらドローンでの撮影に挑戦する日が訪れるかも・・・?

とにかくまずは、Osmo Mobileを使いこなせるようになって、アメリカ西海岸で様々な映像を撮り、美しさをシェアしていきたいです。

この3日間、すごいスピード感を味わえました。飛び込み営業をして良かったです。やりたいことに向かって、まっすぐに生きています。

おまけに、DJIさんからグッズのプレゼントもいただきました。トートバック、帽子、ノート。

本当にありがとうございます!

sponsored link

 - 2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」, お知らせ ,