Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 中村洋太の挑戦と発信のブログ

【シリコンバレーのオフィス見学④】Apple本社へ行ってみた!

   

シリコンバレーのクパチーノにある、Apple本社に行ってきた。

sponsored link

社員さんと一緒だったが、ビジターが立ち入ることのできるエリアは少なく、また写真を撮れる場所もかなり限定的になっていた。

それゆえ、ここに書くことのできる情報は少ない。しかしそれも、ひとつの情報になるだろう。

そういう意味では、先に訪ねたGoogleやFacebookやAirbnbのような「観光地化したオフィス」とは決定的に異なるので、比較できておもしろかった。Appleは極めて落ち着いた印象を受けた。そもそもオフィスは見世物ではないので、むしろこれが普通なのかもしれない。広い中庭があり、親子が遊んでいた。まるで公園のようだった。

建物内部は、真っ白だった。カラフルさは皆無。Appleらしい。そしてとても静かだ。

食堂。これは意外だったのだが、「三食無料」というわけではなかった。三食とも有料である。ただし、エンジニアは19時以降になると無料になるそうで、訪れたのがちょうど19時頃だったこともあり、どのコーナーにも大変な行列ができていた。

ビジターももちろん、普通にレジで購入する。ただ、無料で提供される他企業の食事に比べたら、しっかりと作られていて、味はおいしかった。お金がかかる分、食事のクオリティは高い。

案内してくださった澤田さんは、MITで3年間学ばれた後、Appleでエンジニアとして働いていらっしゃる。

少しだけ建物内部に入ることができ、そこには大きなスティーブ・ジョブズの写真が飾られていた。迫力がある。澤田さんはここを「礼拝堂」と呼んでいた。

 

そして同じフロアの壁には、スティーブ・ジョブズの言葉があった。

「If you do something and it turns out pretty good, then you should go do something else wonderful, not dwell on it for too long. Just figure out what’s next.」

「もし何かをやってとてもうまくいったら、何か別の素晴らしいことをやるべきであって、過去の成功にあまり長いことあぐらをかくべきではない」

なんだか自分に言われているような気がして、これからさらに頑張ろうと思った。

Appleさんには、毎日お世話になっています。

sponsored link

 - 2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」, アメリカ, 行ってみた