Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【ツール・ド・西海岸 第13ステージ】山道でのパンク。試練を乗り越えて150km走破

   

自転車でアメリカ西海岸縦断の旅
ツール・ド・西海岸 第13ステージ
ユーカイア(Ukiah)〜 ガーバービル(Garberville)
150km

sponsored link

まずは映像をどうぞ。

今日は長かった。150kmなんて、荷物を背負った自転車旅ではなかなか走らない距離だ。

75km+75kmに分けることも検討していたが、身体の調子もよかったので、前日の夜の判断で150kmに挑戦しようと決めた。宿を予約したら、もう後には引けない。でもこれで一日稼げた。

朝6時半からオープンしていたユーカイアのカフェ「Black Oak Coffee Roasters」は、とても田舎町には似つかわしくないおしゃれなお店だった。バリスタは世界的なコーヒーの選手権で優勝した方らしい。こういうところで飲む朝のコーヒーは格別だ。

長い長い山道が続いた。あと数kmで峠という場所で、後ろのタイヤに異変を感じた。

「あ!パンクしてる!」

なんてこった。よりによってこんな日に。パンクだけはしたくないと思い、小石を丹念に避けながら走ってきたのだが。しかしどれだけ頑張っても、パンクするときはする。

近くに自転車屋さんがあれば、サクッと直してもらえるのだが、次の町まではまだ10kmもある。

確か以前パンクしたのは、2010年、ピレネー山脈の麓を走っているときだった。一応、最低限の修理セットは持ってきたが、久しぶりだからうまく直せるか不安だった。

しかし、やるしかない。直さなければ、前には進めない。

予備のチューブ、タイヤレバー、そして簡易空気入れを取り出し、この最低限の装備だけでなんとか乗り切った。

 

よし、直った!タイムロスしてしまったが、走れるだけでも幸運だ。慌てずに行こう。

 

お昼に立ち寄ったレジェット。町だと思ったら、人は住んでいない。全てのレストランが閉店していて、唯一スーパーだけ開いていた。ここでサンドウィッチを買って食べた。

 

もう100km以上走ってきた。本当にしんどい。残り30km。巨樹の道を進む。

 

残り1マイル。

 

着いた〜!

 

サングラスのところだけ日焼けせず、パンダみたいな顔になってきた。

 

ただ走っているだけだが、筋肉がついてきた。

 

レストランでパスタを食べていたら、変なおじさんがやってきて、

「ウィンドブレーカーがほしい。それ、くれないか?」

なんでやねん。変に英語で話すと面倒臭くなりそうだったので、まったく英語がわからないフリをして、全部「え?」「ん?」という顔とジェスチャーを繰り返した。

ついに「わからないのか、そのウィンドブレーカーをくれないかと言ってるんだ!」と勢いが増してきたので、怒った顔で

「ジャパン!!!!」と叫んだら、「OK」と言って握手を求めて去っていった。

スーパーの前にはホームレスの人たちが集まって、買い物客にお金をせがんでいる。

この町は少し危ない。マリファナの臭いもする。暗くなると何があるかわからないので、すぐに部屋に帰った。

危険な町だが、これもある意味、貴重な体験だ。

sponsored link

 - 2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」, アメリカ