Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

「楽しさ」の求心力

   

「あの人には勢いがある」という表現がある。勢いのある人には、次々と良い出来事が起こる。ひとつの出来事が、また次の良い出来事を引き寄せている。だからリラックスしていながら、大きな成果を出すことができる。

逆に、何をしてもうまくいかない、そんな悪循環が続くこともある。自分的にも、はた目から見ても、まったく勢いが感じられない。人生には、目には見えない「流れ」が存在し、そういうときは、流れを変える必要がある。

sponsored link

少し前の自分は、まさにそんな状況で、どうしたら流れを変えられるだろうか、と模索していた。部屋の掃除をしたり、ランニングをしたり、人に会ったり、いずれも効果はあったと思うけど、一番良かったのは、勇気を出してお金を使うようにしたことだった。(関連記事:「個人でベーシックインカムの実験を始めることにした」

減ることを恐れるのではなく、使うことを楽しむ。その結果、さらにお金が入ってくるような循環が生まれつつある。

もちろん、無駄遣いをするのではない。自炊も継続している。ただ、人のためになることや、やりたいと思ったことがあれば、迷わずにお金を使う。節約すべきところと、ケチってはいけないところを、しっかり見極める。

お金を使うことで、勢いも買えることがわかった。

消費には何かしらの行動が伴う。行動すると、自分に勢いがつく。勢いがつくと、楽しい。どうやらその「楽しさ」に人が引き寄せられるようで、たくさんの方から仕事につながるご連絡をいただいた。

最近は何かおもしろい情報を目にするたび、「この情報はあの人に教えてあげたら良さそうだな」と思いつき、すぐに連絡している。そこに損得勘定はない。

「知らなかった!ありがとう!」と言われることもあれば、「知ってるよ!」と言われることもある。

反応はどっちでもいい。相手が得する可能性が1%でもあれば、ただひたすらに与える。そのうち、「お返しに」とぼくにも情報が集まるようになる。そんな循環が楽しくて、また勢いがついてくる。

あとは、感謝と謙虚さを忘れずに、徳の土台を強固に積み上げていきたい。次の挑戦のためにも。

sponsored link

 - エッセイ