Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【自転車旅(環島)】「ツール・ド・台湾」(8)高雄〜車城

   

朝7時過ぎ、ジミーさんと朝食を買いに行きました。台湾の朝ごはんの定番は、サンドイッチ。「三明治」と書きます。朝は多くのお客さんで賑わっていました。

sponsored link

ツール・ド・台湾 
第8ステージ
高雄〜車城 90km

家に戻って食べてから、8時半に出発。ジミーさん、お世話になりました!

今日は雨の中のスタートとなりました。しかし、ここまで一度も降られずに来れたのが奇跡のようなことです。

だって台北にいる間はいつも雨が降っていたし、最初の予報では自転車旅の間ずっと雨マークだったから。自転車に乗ると晴れ、降りると降ります。

今日の雨も、そこまでひどくはならず、途中からは快適に走れました。

後半は海沿いの道でした。なんだかアメリカ西海岸を思い出す景色です。

体力も少し戻ってきているようで、90kmを比較的楽に走れました。

そして、宿にチェックイン。ドミトリーだけど宿泊客はぼくだけなので、貸切です。

 

宿に、日本語を話すおじさんがいました。

1933年に生まれ、現在85歳の曽天助さんは、流暢な日本語を話せます。12歳で終戦を迎えるまで、日本人だったからです。

台湾の日本統治時代は1895年から1945年まで、50年間続きました。

1945年に日本が戦争で負けると、台湾の領有権を放棄したので、彼は日本人ではなくなり、母国語は中国語になりました。

「私の世代の日本語を話せる台湾人はだんだん減ってきた」

と言います。長く使わないと、日本語を聞き取れても、話すことができなくなるのだと。

「でも天助さんはどうして未だに日本語が上手なんですか?」

「毎日NHK見てるし、日本の雑誌も読んでるから。今でも勉強してるの」

あと15年もすれば、日本統治時代の生き証人はほとんど存在しなくなるのでしょう。このような老人と話せたことは貴重でした。

さて、車城から車で10分くらいのところに、四重渓温泉があります。ここは台湾四大名湯のひとつに数えられています。

台湾は温泉で有名な国。自転車旅の途中、どこかで入りたいと思っていて、今日が最初のチャンスでした。

「タクシーはありますか?」と宿のおばちゃんに聞くと、

「ここはタクシーがほとんどないから、片道200元(760円)で送ってあげる」

と言うので、お願いすることに。

温泉メディア「Yutty!」プロデューサー上田さんおすすめの牡丹風情温泉行館にやってきました。なんだかパワーアップできそうなキノコが!

台湾の温泉は日本と異なり、多くの場所で混浴・水着着用が基本です。しかし温泉自体はとても気持ち良いです!今までずっとシャワーのみだったので、走り終えた後の温泉は格別…。

 

腕の日焼けがヤバい…笑

 

明日は峠を越え、台東へ向かいます。

sponsored link

 - 2017 自転車で台湾一周の旅「ツール・ド・台湾」, 台湾