Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【自転車旅(環島)】「ツール・ド・台湾」(13)宜蘭〜礁渓

   

小籠包の人気店「正好鮮肉小籠包」で朝ごはん。

sponsored link

ツール・ド・台湾 
第13ステージ
宜蘭〜礁渓 15km

小籠包10個80元と酸辣湯30元。計420円でお腹いっぱいになります。

搾りたてのグレープフルーツジュースを買ってホテルへ。

どこで買っても、必ず飲み物には蓋がされてビニール袋に入れてくれるので、自転車でも持ち運びしやすいです。

宿をチェックアウトして、宜蘭から隣町の礁渓へ走りました。

ついに「台北」の文字が。

30分ほどで着きました。

礁渓は温泉街です。東側に海、そして背後に山がそびえているので、街の雰囲気だけではなく地理的にも別府に似ています。

豆乳の人気店「漿様子 濃い豆乳」を訪ねました。なぜ「濃い」と日本語なのでしょうか。

色々な味があり、試飲させてくれました。

これは、豆乳のサードウェーブ系ですね。勝手に言ってしまいますが、ハマるおいしさです。そして容器が良い。

カカオ、抹茶、ゴマ、全部おいしいけど、プレーンも最高。SoyPressoと書いてあるとおり、濃さがウリです。

次に、パニーニの人気店「初 firstday food」へ。

出てきたプレートにびっくり。

こんなことされるので、日に日に台湾愛が増していきます。

店員さんもフレンドリー。同じ柄のTシャツがかわいいです。

ゲストハウスも、本に紹介されていたところを選びましたが、デザインが素敵でした。

「ゲストハウスにも温泉があるんだけど、今工事中だから、近くの森林温泉に入ってきてください。あとで入湯料をキャッシュバックします」

もともと行こうと思っていた温泉だからラッキー!

礁渓温泉は、台湾では珍しく、水着不要の裸湯を楽しめる場所です。

日本と同じような温泉で、とても気持ち良かったです。台北からもバスが出ているそう(所要約1時間半)なので、日帰り温泉スポットとしてお勧めしたいです。

海鮮麺(340円)からの

たこ焼き(6個入り170円)で締め。

 

おかげさまで、先日の記事がすごいことになっています。SNSで拡散して、たくさんの方に読んでいただくことができました。

700RT越え。ブログを更新して、こんなにリツイートされることはなかなかありません。アクセスがすごい。

バズらせるのが目的であれば、「兄弟で果たした18年ぶりの再会」みたいな、わかりやすいタイトルにしていたでしょう。

ぼくが嬉しいのは、バズらせようと意図せず、リラックスして書いた記事がバズったことであり、ぼくがライターだと知らない方から「文才がありますね」と言われたことです。そして有名メディアなく個人ブログ。

肩書きや体裁ではなく、記事の中身で判断してもらえたということがライターとしては何よりも嬉しいです。

あとは大きな峠を二つ越えれば、ゴールの台北です。

今年最後の自転車旅。ラスト、頑張ります!

sponsored link

 - 2017 自転車で台湾一周の旅「ツール・ド・台湾」, 台湾 , ,