ビジネスのメモ帳

結婚式場を女性専用のコワーキングスペースに?渋谷に新コンセプトの施設が誕生

投稿日:

今年2月9日、ストライプインターナショナルがホテル併設型のグローバル旗艦店「hotel koe tokyo」を渋谷にオープンしました。

1階はおいしそうなパンが並ぶおしゃれなカフェ。2階はアパレルや雑貨のフロア。そして3階が10室を備えたホテルフロアとなっていて、昨日の記事でも紹介したとおり、ファッション、音楽、食、宿泊といった多様なコンテンツを盛り込んだ「ライフスタイル型」の施設になっています。

このビルの上層部、5〜9階はウェディング事業を手掛けるエスクリがオープンした「ラグナヴェール アトリエ(LAGUNAVEIL ATELlER)」が入っていて、なんと結婚式場とコワーキングスペースを組み合わせた新施設。

背景には、挙式披露宴・披露パーティー市場の縮小があります。近年、結婚しても式を挙げない「ナシ婚」層が増加しており、これにエスクリは手を打ちました。

女性を対象にしたセミナーの会場としても利用することで、将来ここで結婚式を挙げたいと思う人を増やす狙いがあるのだとか。なるほど〜と思いました。

実際に結婚式場としての利用が始まるのは秋からだそうですが、7月からは待合室を平日のみ・女性限定の会員制コワーキングスペース「la billage」としてオープン。

コワーキングスペースの利用は月額7000円と、この立地にしてはかなり安いなと感じました。

エスクリとのコラボでシェアスペース事業の運営を行うMJEの大知昌幸代表取締役は、

「ウェディング業界では、結婚式が土・日中心であることから、平日の式場が遊休施設になってしまうという慢性的な課題を抱えている。その中で、エスクリでは、ハイスペックで超好立地の式場施設を持っているのに加えて、女性の活躍推進の取り組みにも力を注いでおり、当社のシェアスペース事業とかけ合わせることで、遊休施設の稼働率向上につながるのではないかと考えた」

と話します。

7月のグランドオープンに先立ち、6月下旬に内覧会を開催するそうです。詳細はこちら

-ビジネスのメモ帳

執筆者:

関連記事

「待ち時間」もビジネスに。新時代のカフェ併設コインランドリー「フレディレック・ウォッシュサロン」

ベルリン生まれのコインランドリー 「ランドリーの時間をもっとみんなに楽しんでもらいたいんだ。単に洗濯をするだけの場所にしたくない」 フレディ・レックさんのそんな想いから生まれた「フレディレック・ウォッ …

「逆求人」に「ツテ採用」? 変わる就活、人材争奪戦の新潮流とは

ぼくが就活をしていた時期は就職氷河期と言われましたが、現在は景気の回復を背景に多くの企業にとって人手不足の状況。 そんななか、人材の採用を巡って変化が起きています。昨日のクローズアップ現代では、「逆求 …

覆面調査員ビジネスで上場。MS&Consultingの秘訣は「2S1B」ルールにあり?

2017年10月に東証マザーズに上場した「MS&Consulting」という会社がテレビで紹介されていました。 MSというのは、「ミステリーショッピングリサーチ」の略で、つまり覆面調査のこと。 …

「その不要品、お金になります」何でも買い取るリサイクル店「エコリング」

「不要なものを売りたい」。リサイクル店は多数存在していますが、最近「エコリング」というおもしろい会社を知りました。 全国で約80店舗展開していて、新品からボロボロの物まで、あらゆる物の買い取りをしてく …

ドラフトティーに、お茶のカクテル専門店まで? 若い世代に広がる、新たな日本茶ブーム

コーヒーチェーンは「お茶」を扱った新商品を続々発表しています。スターバックスでは「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」を期間限定で発売。おいしいですよね〜。 一方タリーズでも「タピオカほうじ茶ラテ」が登場。 …