ビジネスのメモ帳

覆面調査員ビジネスで上場。MS&Consultingの秘訣は「2S1B」ルールにあり?

投稿日:

2017年10月に東証マザーズに上場した「MS&Consulting」という会社がテレビで紹介されていました。

MSというのは、「ミステリーショッピングリサーチ」の略で、つまり覆面調査のこと。この会社の事業は、覆面調査によってサービス業の顧客満足度を測定するというものです。

社員が覆面調査をするのかと思いきや、実は行うのは一般消費者。一般人の目線でお店がどう映るか、というのが大切なため、一般人で全く問題ないそうです。

調査員は、お店で飲食したり、サービスの提供を受けたあと、会社が用意したアンケートシートに回答をしていきます。

このとき、率直に回答はするものの、マイナス面の評価が多くならないように意識するのがポイントだそう。

並木社長は、これを「2ストライク1ボール」ルールと表現。良いところ2つに対して、もったいないところ(改善すべきポイント)を1つ書く。そんな比率のレポートが理想的だと話していました。

褒められた点を伝えれば、従業員のやる気は上がります。だからさらに接客を頑張り、結果としてお客も満足できるとのこと。

たしかに、第三者に褒められるのって、嬉しいですよね。

「お前すごいな」と直接褒められるのももちろん嬉しいですが、

「〇〇さんが、お前のこと『すごいな』って感心してたぞ」

と言われると、サプライズ的な嬉しさがあります。その人間心理をうまく突いたビジネスだと感じました。

きっとこのサービスを利用する経営者は、従業員のモチベーションを上げよう、という意味合いも強いのだろうなと思います。

調査員の報酬は、飲食店であれば一人を連れて食事ができるくらい、とのこと。こちらのサイトから応募できます。試しに登録だけしてみました。

調査を募集していた飲食店は居酒屋や焼肉店が多い印象ですが、ときどき1万円の報酬が出るレストランもありました。通販商品など、在宅でできる覆面調査もあったので、主婦の方の副業にもいいかもしれません。

-ビジネスのメモ帳

執筆者:

関連記事

メディア化するホテル。ミレニアル世代のトレンドは「ライフスタイル系」

ミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた世代)の心を鷲掴みにしているのが、「ライフスタイル系」と呼ばれるホテルです。 その代表格は、シアトルで生まれたエースホテル(Ace Hot …

東田ドライの「おせっかい」に全国から注文殺到。宅配クリーニング「リナビス」がすごい!

クリーニング店の危機 昨日の「カンブリア宮殿」を観て感動してしまったので、ご紹介します。 兵庫県西脇市の東田ドライというクリーニング店があります。創業は1963年。現社長のお父さんが作った会社でした。 …

「逆求人」に「ツテ採用」? 変わる就活、人材争奪戦の新潮流とは

ぼくが就活をしていた時期は就職氷河期と言われましたが、現在は景気の回復を背景に多くの企業にとって人手不足の状況。 そんななか、人材の採用を巡って変化が起きています。昨日のクローズアップ現代では、「逆求 …

「チームラボ」のデジタルアート美術館がお台場に誕生!

2018年6月21日(木)、デジタルアート集団「チームラボ」の常設美術館「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」がお台場 …

「アイカサ」の登場と機運

ビジネスってつくづく、タイミングが重要だなあと思います。 遅過ぎてもダメ、でも早過ぎてもダメ。機運というか、世の中の流れというか、それを味方につけられるかどうか。 昨日話題になっていたけど、「アイカサ …