ブログ

かすかな汗、一縷の望み

投稿日:2019年7月30日 更新日:

証拠写真を撮るまで汗を拭けなかった。

3度目の入院を終えて、夕方、日刺しが弱まったのを確認して散歩に出た。やっぱりまだ、途中で体温が上がり、背中が痒くなる。それでも珍しく保冷剤を当てずに耐えて、2kmほど歩いて家に近づいた。

しかし状況はさほど変わっていない。やっぱりまだ治らないか。いつ治るのかわからない。希望が持てない。

世界1万kmを自転車で走った。東京から大阪まで歩いた。汗は自分の象徴でもあった。それを失うのは辛い。

と諦めかけたとき、「いや、」と思った。毎月入院して、これだけ治療しているのに、そんなのおかしい。 働くこともできず、医療費がかさむ。貯金尽きるから流石に治れよ。

そもそも、そこまで食生活や栄養が偏っていたわけでもないし、しばらく運動不足だったとはいえ、もっと運動していない人だっているはず。

それなのにこんな病気になるなんて、ストレスとか自律神経の乱れとか、何か精神的な問題が原因だったと思うほかない。暑さだけでなく、緊張しても同じ痒みの症状が出るし。

数日前、友人のお父さんから「病は気から」と強く言われたことも影響していたかもしれないし、昨日から読んでいた本の影響もあるかもしれない。

「やっぱり治らないか。仕方ない。成り行きに任せるしかない」という弱い気持ちでは、心の持ちようを変えずに環境(難病)を変えようとするようなものだ。それは愚かだと思った。心に原因があるのだとしたら、心を入れ替えよう。

「本当は汗が出ているのだ」「絶対に治る、いや実はもう治っているのだ」と思い込んでみた。検査結果では全身の97%から汗が出ていないと言われた。ということは、3%は実際に出ているのだ。それを4%、5%と少しでも汗の出る範囲を拡げられないか。

家を通り過ぎて、そのまま近所を走ってみた。すると不思議なことに、それまであった痒みが、徐々に和らいでいった。いつもなら痒みが増すところなのに。

藁にもすがる思い、とはまさにこのこと。もう息が途絶えるまで走ろうと思った。

そしたら、額がほんのわずかではあるけど、湿っているような気がする。そしてしばらくして、肘や背中もうっすらと。目に見えるような汗ではないけど、0ではない。0.01か0.001かわからないけど、かすかにベタついている。

とにかく、今までとは違う。鼻先には水滴がある。もしかしたら4%、汗が出たかもしれない。そのまま3km近く、無我夢中で走った。脱いだTシャツがわずかに湿っていた。

これまでは200mでも走れば、激しい痒みに襲われてダメだった。それがこんなに長く走れたのは何ヶ月ぶりか。運動不足だったから呼吸が苦しい。でも希望が持ててはるかに嬉しい。

実は1回目の点滴直後も、ほんの少しだけ背中から汗が出るようになっていた。だけどそれで「もう治りそうだ」と油断していたら、4日後くらいには元に戻ってしまった。

だから今回もまったく油断はできない。けど、明日も明後日も、できる限り発汗トレーニングとしてランニングしてみて、汗の出る範囲を伸ばしていきたい。

なんのために中国の古典を読み漁っているかといえば、そこに生き方の手本を見ているからだ。逆境や苦難にどう立ち向かうか。難病との闘いは苦しい。でもそこでこそ己の存在や生き方を通して、人を鼓舞できる人間でありたい。

一縷の望みをつないだかもしれない、と希望を持つことにする。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

プロBMXライダー 池田貴広さん

日本が世界に誇る、プロBMXライダーの池田貴広さんが訪ねてきてくださいました。 昨日の深夜に突然メッセージをいただき、急遽今日会うことに。とても尊敬している方なので、連絡いただけて嬉しかったです。 ギ …

「特発性後天性全身性無汗症(AIGA)」という難病を患いました

ご無沙汰になりました。突然ですが、5月20日から一週間、東京医科歯科大学 医学部附属病院にて入院しています。 最初の3日間、検査をしていました。 まず入院初日。発汗の有無と発汗部位を調べるために、ヨウ …

生産の放棄と創造

今年3月に読んだ『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』という本の中で、「人生の意味を「生存」から「創造」に変えるひとつの方法は、ニートとして1~2年、名実ともに生産を放棄する期間を設けて …

登山家・栗城史多さんの死に思うこと(1)「冒険の共有」

登山家の栗城史多さんがエベレストで亡くなりました。彼との思い出を綴ります。 2009年頃、NHKのドキュメンタリー番組で、栗城さんのことを知りました。 彼が他の登山家と異なったのは、エベレストに挑む姿 …

H型の人材だった吉田松陰

決意は行動を変える。 電車の中で、ほとんどスマホを見なくなった。代わりに本を読んでいる。 今は『世に棲む日日』という作品。主人公は、吉田松陰。 松陰がこの時代に生きていて、同世代だったとしたら、きっと …