Nakamura Yota

ライター中村洋太のブログです。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております!

Googleのスタートアップ支援施設「Campus Seoul」に行ってみた!

   

Googleは世界の6都市にだけ、「スタートアップコミュニティを活性化させる施設」を作っています。その名も「Google Campus」

sponsored link

残念ながら東京にはありません。ロンドン、テルアビブ(イスラエル)、ワルシャワ、サンパウロ、マドリード、そしてソウルの6都市です。(※7都市目としてベルリンが予定されています)

東京ではなくソウルに、アジア初となるGoogle Campusが生まれたことは少し悔しい気もしますが、韓国も非常にスタートアップが盛んな国です。

どんなところか気になったので、江南地区にある「Campus Seoul」に潜入してきました!

結論から言うとこの施設、無料会員登録をすれば誰でも使えます。

登録を済ませると、受付で首から下げるカードキーと記念品(鉛筆とノート)をもらえます。

この施設でありがたいのは、電源とWiFi完備のコワーキングスペースです。

WiFiに関しては韓国のカフェならほとんど使えますが、電源を使える場所は貴重です。カフェも併設されていて、ノマドワーカーには最高の環境。

テラス席やミーティングができる部屋もあります。

そしてイベントスペースでは、毎日のようにスタートアップ関連のイベントが行われています。この日も起業家と思われる方がプレゼンをしていました。

有名な方だったのか知りませんが、平日の昼にもかかわらず、立ち見が出るほどの盛況ぶりに驚きました。多分130人くらいいたかな?

イベントの後には交流会があり、しかもちょっとした軽食も用意されていました。スペース利用もイベント参加も、すべて無料。

スタートアップにとっては人脈形成の場にもなるし、良いサービスを生み出せばGoogleが買収してもらえるチャンスもあります。

予定があるのかわかりませんが、早く「Campus Tokyo」ができてほしいです。

sponsored link

 - 韓国