Nakamura Yota

ソフトバンク「BizTERRACEマガジン」副編集長、プロライター中村洋太のブログです。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております!

『君たちはどう生きるか』を読んで

   

昨日、『君たちはどう生きるか』という本を読みました。

毎日本屋さんへ行くので、以前から話題になっていることは知っていました。でも、ただの流行本だと思って、長らく読もうともしませんでした。

sponsored link

しかし、ふと気になって数ページめくり始めたら、止まらなくなり、一気に読み切ってしまいました。色々な感情が湧き上がり、最後は涙目になりました。

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

posted with amazlet at 18.04.21
吉野源三郎
マガジンハウス
売り上げランキング: 135

 

読む人によって感じることは異なるでしょうが、感想をひとことで言うと、「人と人の、心の通った手紙(言葉)のやりとりは尊い」ということ。

そして無性に悔しくなったのは、ぼくもかつては主人公のように、よく悩み、純粋で、まっすぐな生き方をしていたのに、いつからか、「妥協」するようになってしまったこと。

「社会はこういうものだ」「人生はこういうものだ」という、諦めのような感覚に、徐々に蝕まれていった。

「大きな挑戦をして、社会に影響を与える人間になりたい」とも思っていました。でも、何かをやるたびに、後ろ向きな言葉もかけられたりして、少しずつ挑戦することが億劫になったり、恐れを感じるようになってきました。そんなとき、「まあまあ、このくらいでもいいかな」と妥協したくなることがあります。

どうしてこうなってしまったのか、どうしたら以前のような気持ちに戻れるのか、あるいは戻る必要があるのか、ないのか、色々考えることがあります。

そしてこの本を読んだとき、少なくとも過去の自分の習慣の中に、この先に進むヒントはあるなと感じます。何か新しい能力が必要なわけではなく、ただ思い出せばいい。

小綺麗な文章を書くだけではなく、自分の心で感じたことに対して、もっと素直に、もっと泥臭く向き合っていこうと思います。そんな気付きを与えてくれる本でした。

sponsored link

 - 読んでみた