インタビュー

「出逢った人の印象が、その国の印象になる」ask me!代表 萩野谷未歩さんの活動

投稿日:2016年7月11日 更新日:

1.「ask me!」代表 萩野谷未歩さん

「ask me!」代表の萩野谷未歩さんにお話を伺った。

13647228_1214902815216638_491085443_o

渋谷など外国人観光客が多い場所に立ち、困っている観光客を見つけたら英語で話しかけ、助けてあげる。そんな活動を仲間とともにしている。

先日NHK「おはよう日本」で紹介されていたのがきっかけで知り、この活動に感銘を受けた。すぐに連絡を取り、実際にお会いすることになった。彼女は大学時代、200日以上かけて、世界一周の旅をしている。そのときの体験が、この活動の原点になっている。

img_14667399382_1

img_146673994852_1

img_146673994536_1

img_146673994848_1


「世界一周の旅をするなかで気づいたのは、出逢った人の印象が、その国の印象になってしまうということ。どんなに素晴らしい景色や世界遺産を見たとしても、結局、人の印象には敵わないんです。

だからこそ、私たちひとりひとりが外国人観光客に親切にしてあげられたら、きっと日本を好きになってくれると思うし、お互いに助け合う文化、困っている人に気軽に声をかけてあげる文化を育むことで、日本はより良い国になると思います」

しかし活動の理由は、それだけではない。

image

「海外に出てみて、初めて日本がどれだけ恵まれている国かということに気付けました。若者は海外に出て、様々なことを体験するべきだと思います。ツアーではなく、できればひとりで。でも、言葉の問題や様々な不安があって、一歩を踏み出せない人もたくさんいます。

『ask me!』の活動に参加してもらうことで、その障壁を少しでも取り除けたらいいです。日本にはたくさんの外国人がいます。彼らと話すことで、自信をつけてほしいし、色んな国の人と友達になって、海外をもっと身近に感じてもらいたいです」

ここには書き切れないくらいの想いを聞かせていただいた。とても熱く、行動力のある女性だ。たった3人で立ち上げた団体は、今や150人近い規模になっている。共感する人たちが集まり、ともに活動している。純粋に、素晴らしいと思った。

2.実際に活動を見学

その後、撮影をしながら、活動の様子を見学させてもらった。参加者はスクランブル交差点のスタバ前に集合。今回はこのメンバー。

13633500_1214902755216644_1595573607_o

個々人がバラバラで活動を行うのではなく、数名ずつのグループに分かれ、行動する。単独行動だと何か危険なことが起こるかもしれないからだそうだ。

ぼくは萩野谷さんの行動を追っていた。すぐさま外国人を見つけては、話しかける。

13663472_1214902825216637_781711072_o

13639980_1214902758549977_209093701_o

13633326_1214902748549978_498948026_o

13663365_1214902821883304_881184495_o

「とくに困っていることはないよ、ありがとう」と言われることもたくさんあるし、困っていることはないけど「どこから来たんですか?」などの会話で盛り上がるときもある。オーストラリア人、アメリカ人、シンガポール人・・・本当に様々だ。渋谷では世界がスクランブルしていた。

13606745_1212643418775911_456219381785854349_n

image

プリクラを撮って自慢気に見せてきたアメリカ人の女の子。なんだか、この活動をしていると、話のタネが尽きなそうだ。活動報告を上手に発信したら素晴らしいインバウンドメディアになるだろうと思ったので、萩野谷さんに伝えた。これからも萩野谷さんの想いと、「ask me!」の活動を見守っていきたい。

公式サイトはこちら

13615112_1212641208776132_4947658037304109567_n

-インタビュー

執筆者:

関連記事

「海外で学んだ人たちの道を作りたい」メイクアップアーティスト イシイ ハナコさん

東京を拠点に活動中のメイクアップアーティスト、イシイ ハナコさんの経歴は少し変わっています。 4年制の大学を卒業後、化粧品メーカー入社。4年間働く間にメイクアップのトレーニングを受け、美容インストラク …

「ヨコスカネイビーパーカー」は通過点。八村美璃さんの終わりなき旅

昨年、フジテレビ「Mr.サンデー」の中で、横須賀の女子高生たちの、ある取り組みが特集された。 「“人口減少日本一”の街を救え‼︎ ヨコスカネイビーパーカー物語」 というタイトルだった。 当時、横須賀高 …

「目が見えないから『見える』こともある」辛坊キャスターと挑んだ太平洋横断。全盲のセーラー岩本光弘さんの挑戦は続く。

まさか日本から遠く離れたサンディエゴで、岩本光弘さんにお会いする機会に恵まれるとは思ってもいなかった。2013年に、ニュースキャスターの辛坊治郎さんとともにヨットでの太平洋横断にチャレンジされた全盲の …

My Eyes Tokyo 代表・徳橋功さんが照らす光

 -01- アメリカで得たもの 「もう20代も後半。大きなチャレンジをするなら、今しかない」 都内のテレビ局に勤めていた徳橋功さんは、決断した。アメリカへ渡り、カリフォルニア州のフレズノという町のテレ …

「背中で人の自発性を育てたい」ぼくがインタビューで話した人生のテーマ

ぼくが大学生の頃からお世話になっている富田哲郎さんが、渡米直前にインタビューしてくださいました。     続きはこちらで↓ 挑戦するひと・中村洋太さんインタビュー 富田さん、ありが …