カナダ 記憶の風景

【カナダ】「赤毛のアン」が過ごした世界一美しい島。プリンス・エドワード島

投稿日:2017年3月27日 更新日:

カナダ東海岸のセントローレンス湾に浮かぶプリンス・エドワード島は、島自体がカナダのひとつの州になっている。カナダで最も面積が小さく、最も人口が少ない州だ。小さな島にもかかわらず、世界各地から観光客が訪れるのは、この島が童話『赤毛のアン』の舞台になったことが最大の理由だ。

しかし実際に訪れてみて、どうもこの島の魅力の本質は、アンではないように思えた。車窓から眺める島の風景が、あまりにも美しかったのだ。それはアンの舞台を訪ねるよりも、遥かに感動したことだった。

image

なだらかな赤土の丘陵地帯に、草原の緑、空の青がパッチワークのように広がっている。いたるところに見える古い灯台も味が出ている。そして初夏は、ルピナスという紫色の花が、島のあちこちに咲いている。まるで夢でも見ているかのような風景で、こんな世界が実際に存在するのか、と感じた。

image

何もかも忘れて海岸線をドライブでもしたら、きっと最高に違いない。『赤毛のアン』を知らなくても、十分訪ねる価値のある場所だった。だけどぼくは、訪れる前に読んでおいてよかった。

「あたし、もう好きでたまらないわ。プリンス・エドワード島は世界で一番きれいなところだっていつも聞いていたから」

美しい風景を眺めている間、アンの言葉が、何度も聞こえてきた。

image

image

-カナダ, 記憶の風景
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インスブルックの小さな教会

これまでに、たくさんの国を訪れてきた。せっかく色んな場所を見てきたのだから、「何か旅のコラムを書いてみたい」と、以前から思っていた。 でも、おすすめの街などを紹介しようとすると、「この大聖堂は何年に建 …

カレーリャのスイミー

その日ぼくは、バルセロナから自転車を漕ぎ出して、北に110km先のジローナという町を目指していた。 右手には美しい地中海が広がる。8月でも、日本のような湿気はない。突き抜ける風が爽快だった。 すぐ横を …

【GWが見頃】美しきネモフィラ。茨城県・ひたち海浜公園に行ってみた!

2014年4月27日のことだが、国営ひたち海浜公園を友人と自転車で訪れた。二子玉川から1泊2日の旅だった(初日は土浦泊)。 2日目、混雑が予想されたので、開園時間である9時半までに着きたいと思い、必死 …

ブルガリアの蜂の巣、ラトビアの花粉

ブルガリアで驚いたのは、ホテルの朝食会場に、蜂の巣が置かれていたことだ。 専用の器具を使って削り取り、ヨーグルトに入れた。ビックリしたけど、これがうまい。 一方、バルト三国で一番の大都会である、ラトビ …

【埼玉県・権現堂堤】鮮やかに競演する桜と菜の花

桜の季節が近づいてきている。 思い出すのは、関東有数の桜の名所として知られている、埼玉県幸手市の権現堂堤の景色だ。 堤防上には約1000本のソメイヨシノが咲き、1kmにわたり桜並木が続いていた。 この …