2010 ツール・ド・ヨーロッパ(スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周の旅) ベルギー

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(9)ロッテルダム~アントワープ

投稿日:2010年8月12日 更新日:

ツール・ド・ヨーロッパ
第9ステージ
ロッテルダム~アントワープ(ベルギー)

めちゃくちゃ晴れた。しかし、昨日の無理な走行が響いて手首と肘が軽い腱鞘炎になってしまった。今日も走るつもりだったが、大事を取ってやめることにした。まだまだ先は長い。

ロッテルダムの駅に着いたものの、チケットの買い方がわからない。はて、国境を越えるとなるとどうすればいいのか。それに、この区間では自転車を載せられるのだろうか。チケットセンターの前で悩んでいると、止めてあったぼくの自転車をジロジロ眺める二人組がいた。泥棒か?いや、そんな感じじゃない。

声を掛けてみた。

「Hallo.」

「やぁ、これは君の自転車かい?」

「そうです」

「いい自転車だね。ぼくらも自転車で旅をしているんだ」

仲良くなった。これはチャンスと思って聞いてみた。「チケットの買い方がわからなくて困ってたんですが・・・」「それならここで聞いてみるといいよ」と、親切に教えてくれた。

無事にチケットが買えた後、しばらく二人と話していた。彼らはイタリア人だった。イタリア訛りの英語でなおさら理解しにくかったが、なんとか頑張った。

「日本の日本料理屋と、ヨーロッパの日本料理屋では、何か違いがあるかい?」と聞かれた。う~ん。なかなか鋭い質問だ・・・。「例えば寿司なら、日本のが安いし、種類も多いし、おいしいよ」と言っておいた。

「二人の出身はどこ?」と聞くと、ミラノとベルガモだった。わお。「ミラノもベルガモも9月に行く予定だよ」と言った。「そうか!それならイタリアでまた会えるといいね。連絡先を教えておくよ」 また友達ができた!現地で会えたら楽しいな。

ベルガモ出身のルカ(とミラノ出身のモッタ)

そして世界の車窓から。ローゼンダールで乗り継ぎ、アントワープへやってきた。ここはベルギーだ。

朝予約しておいたホテルに到着。ホテルのおばちゃんがマップに観光名所を書いてくれたので、それを見ながら観光に行った。アントワープについては何も予備知識がなかったので、適当に「すごそうなもの」を見ておいた。

広場と大聖堂

すごそうな何か

すごそうな何か2

ベルギーと言えば、ということでワッフルを食べた。

あつあつ。これはおいしい。ちょっと甘いが。

近くのレストランで夕食を取った。満腹満腹。さて、お会計をしよう。

あれ?財布が・・・どこにも。ない??いつも入れている場所にない。え?え? ま・さ・か・・・・頭が真っ白になった。

盗まれたのか・・・!?

いや、そんなハズは・・・。だってチャックは閉じているし。(スリがわざわざ開けたチャックを戻さないよな・・・。)けど、本当にないぞ・・・?お金だけじゃない。あそこにはカードもパスポートも一緒なんだ。その前に、レストランのお金が払えない。ぼくは無賃飲食になってしまうのか?この先どうなるんだろう・・・まさか警察に連れて行かれたりして・・・。明日の朝刊一面は「ハマコー逮捕」と「早大生ベルギーで食い逃げ」になってしまうのか・・・!?「中村くんはすごくいい人だったから、まさかそんなことするなんて・・・」と、モザイク越しに喋っている友人Aさんの映像が浮かんだ。そんなの嫌だ~!!

幸運だったのは、レストランのおばちゃんがぼくを信じてくれたことだ。

「一度ホテルの部屋を確かめさせてくれ。必ずお金を払いに戻ってくるから。」

おばちゃんからしたら、それでぼくを行かせたら、食い逃げされるリスクもあっただろうに、それでも

「OK。必ず戻ってくるのよ。I trust you.(信頼しているわよ)」

と、行かせてくれた。約束を守るのが日本人じゃー。おばちゃん、必ず戻ってくるよ。そしてホテルへダッシュ。唯一の望みは、ぼくがこの外出中にその財布を使わなかったことだ。最後に使ったのは、アントワープのホテルでチェックインしたとき。もしかしたら、部屋に置き忘れたのかもしれない。可能性は低いが、そうであってほしい。もう気が気じゃなかったが、小さな望みを信じた。

部屋に戻ると、机の上に・・・

あったー!・°・(ノД`)・°・

やっぱり部屋に忘れていたんだ・・・本当に良かった。。再び15分かけてレストランへダッシュ。「I’m sorry. I’m sorry.」と何度も謝った。おばちゃんは、「It’s OK! まったく問題ないわ。よく戻ってきたくれたわね。」と言ってくれた。一往復半してかなりの手間になったが、とにかくお金が無事で良かった。

今でこそ笑い話で済むが、財布がなかったときは、「この先どうなるんだろう」という不安でいっぱいだった。(カードをストップさせなくては・・・。パスポートの再発行って・・・。この先のお金どうしよう・・・。)しかし、何よりも先に、「あぁ・・・パスポートがないとイギリスにも行けないから、マンチェスターの試合が見れないのかなぁ・・・(;_;)」なんて、のんきなことを考えてしまったぼくは、人間として失格なのかもしれない・・・。

なんにせよ、ひと安心。お騒がせしました~o(_ _*)o

-2010 ツール・ド・ヨーロッパ(スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周の旅), ベルギー

執筆者:

関連記事

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(49)ヴェヴェイ~フリブール

気合で乗り切る。 ツール・ド・ヨーロッパ 第49ステージ ヴェヴェイ~フリブール 68km 朝起きて、頭痛がした。そして少し気持ち悪い。 やっぱり昨日かなり無理をしたんだろうか。本当ならもっと寝ていた …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(30)フィゲレス~ペルピニャン→ナルボンヌ

簡単には、ピレネーは通過させてもらえない。 ツール・ド・ヨーロッパ 第30ステージ フィゲレス~ペルピニャン→ナルボンヌ 60km フィゲレスで泊まったのは、家族で経営しているホステルだった。小さい子 …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(39)リミニ~サンマリノ共和国 

思いがけず、良い一日だった。 ツール・ド・ヨーロッパ 第39ステージ リミニ~サンマリノ共和国 34km このリミニという街は正直なところあまり大した観光地ではない。それにも関わらず多くの人がこの街に …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(53)メッス~ルクセンブルク

魅惑の小国へ・・・ ツール・ド・ヨーロッパ 第53ステージ メッス~ルクセンブルク メッスで今一番ホットな場所がある。 今年の5月にオープンしたポンピドゥー・センター・メッスという場所だ。これはパリに …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(3)ヴィースバーデン〜マインツ〜ボン

ツール・ド・ヨーロッパ 第3ステージ ヴィースバーデン〜マインツ〜(電車)〜ボン 32.5km ヴィースバーデンのホテルで、また奇跡が起きた。朝食を隣で食べていたブレーメン出身のご夫妻に話しかけたら、 …