2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」 アメリカ 聴いてみた 行ってみた

【それもOKなの?】アメリカのライブへ行って気付いた、日本との違い

投稿日:

先週の金曜日、楽しみにしていたThundercatのコンサートへ行ってきた。

この記事にも書いたが、彼らのことを知ったのは、まだ1ヶ月前のこと。

タレントの三原勇希さんがInstagramでThundercatをおすすめしていたのがきっかけで知り、たまたまその日、音楽好きのポール先生に「Thundercatって知ってる?」と聞いたら、5月19日にサンディエゴでコンサートがあることを教えてくれた。すごい偶然だった。

しかも25ドルと安かった。すぐにチケットを買った。4月の来日公演も大成功に終わったようだし、音楽好きの友人に話しても、「今いちばんライブを聴きたいのがThundercat」と言っていた。楽しみだった。

ライブハウスは North Park の Observatory。入り口で荷物検査とボディーチェックがあった。先日マンチェスターでテロがあったばかりだし、これは厳しめの方がいいね。

7時開場で、ぼくは最前列に陣取った。前座のDJがしばらく会場を盛り上げていた。

アメリカ人たちは、ライブハウスでも近くにいる人に気軽に話しかける文化がある。ぼくの隣にいた女性もそうだった。

「あなた、日本から来たの? Thundercatが好きなの?」

「そうだよ」

「素晴らしいわ!」

ひとりでいることを気にする必要は全然なかった。

そしてThundercat登場。最初から最後まで、素晴らしかった。

信じられないくらい速い指さばき、歌声、そして心から音楽を楽しんでいる様子が伝わってきた。

ぼくはライブに来るのが本当に久しぶりだった。日本でも滅多に行かない。

だけど、一流のモノにふれる体験、尋常ではない努力の跡にふれる体験って、やっぱり大切だなと思った。刺激を受けた。

この人たちのように本気で、ぼくは生きているだろうかと。この数年間、何かに必死になって取り組んだだろうか。日々をなんとなく生きていないだろうか。

頂点を目指して努力をするって素晴らしいことだ。自分も頑張ろうと思わせてくれる。

『Uh Uh』という曲で熱気は最高潮に達っし、ぼくもトランス状態になった。身体が自然と動いていた。

ところでコンサート終了後、日本のLIVEとアメリカのLIVEの相違点を調べていたのだが、主なポイントはこんなところ。

アメリカのLIVEは、

・写真撮影OK(これには驚いた。一眼レフはダメだったが、iPhoneはOK。動画も撮れる)

・チケットが安い(そこそこ有名なインディーズバンドでも$10〜$40)

・ワンドリンク制じゃない(会場内でのドリンクは買わなくてもOK)

音の振動が心地よく身体に響いて、それが気持ち良かった。CDで聴くのとはまるで別の音。

また気軽にライブハウスへ足を運びたい。

<追記>
友人によれば、最近では日本でも写真撮影OKなところも増えてきているとのこと。あと、ワンドリンク制じゃないところも。

また、アメリカのライブハウスでは、外からでも今日のアーティスト名がはっきりとわかり、それも日本にはあまりない特徴だとのこと。

-2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」, アメリカ, 聴いてみた, 行ってみた
-

執筆者:

関連記事

【DAY3】Good Morning Ride!!

DAY3 I went to school by bike. It took 45 minutes and it’s a little faster than using buses. I …

4月16日から3ヶ月間、アメリカ西海岸でチャレンジします!

野心がある。いずれ、世界的な人間になりたい。 「世界的な人間」といっても、まだ漠然としている。海外で働くのか、日本にいながら海外の人と仕事をするのか、そもそも何の仕事をするのか、今はまだわからないけれ …

出発前夜

ようやく荷造りが終わった。自転車旅の準備だけではなく、部屋の荷物もまとめなくてはいけなかったので、随分時間がかかった。 2日前、また新たなメディアでのコラム原稿を依頼された。旅が始まってからではなかな …

16歳の中国人をサイクリングに誘ったら、圧倒的な行動力と発想力の違いを見せつけられた話

先日この記事でも紹介した、16歳の中国人ティンハオ。イチローも通うという、サンディエゴで一番高級な寿司をご馳走してくれた。 お父さんは中国で2つの会社を経営する人物ということだけあって、凄まじく豪快に …

【アメリカのスーパー事情あれこれ】Q.「この玉ねぎはひとつ1.49ドルですか?」→A.「残念でした」

海外添乗員の仕事をしていたときから、その国のスーパーへ行くことが大好きだった。そしてお客さんを連れて行き、話をしながら回ると、必ず喜ばれた。なぜならスーパーには、文化や食習慣の違い、特産品など「お国柄 …