ブログ

「普通の人間で終わってほしくない」

投稿日:2015年11月21日 更新日:

f:id:yota1029:20151121194215j:plain

二子玉川でお昼を食べながら、なんちゃんと3時間以上話していました。忘備録として、話したこと、感じたことの一部をまとめておきます。 

・みんなに好かれたいのか

どんな投稿や発信をするのか。みんなに好かれる存在になりたいのか、あるいは10人いたら2人には嫌われるけど、2人にはめちゃくちゃ好かれる存在になるのか。みんなに好かれる人は、逆に言うと、突き刺されるようには好かれない。後者の方が、ファンになった人の熱量は高い。どちらを目指すのか。前者では、すごく良い「普通の人」で終わってしまう可能性が高い。それでいいのか。

・いつかは飽きられる

今、あるいはこれからぼくがやろうとしていることが、たとえ面白いと思われて話題になったとしても、いつかは飽きられる。今年の流行語は来年の流行語ではない。一定数のファンはつくかもしれない。でも、そこで安住してしまうと、ある程度「予測できる」人間になってしまう。自分の未来が予想できる、それは恐ろしいこと。

様々なジャンルの人に会っているから、多様性があるように感じさせているけど、遠目から見れば、ある程度予想できる範囲の人間に収まっている。似た価値観の人が集まっている。正直なところ、自分の手に負えない人には、今の段階では、怖くて会えていない。でも自分が無意識に設定しているその枠をはみ出したとき、さらに突き抜けた存在になるのではないか。そして常に変化し続け、挑戦し続け、見ている人を飽きさせないこと。

・タモリさんは何者なのか

タモリさんは不思議な存在だ。誰からも好かれている、かつ、コアなファンも多い。ブラタモリで見せるような、「どうしてそこまで知っているの」「こういう一面もあるのか」という多面性が人を惹きつける。たとえばぼくが、全ての出来事を公開していると見せて、実はこっそり小説を書き続けて、「芥川賞を受賞しました」となったら面白いよねって。普段見せない面、人としての「深み」をどれだけ持てるか。

これから独立するうえで、どうしていきたいのか。みんなに好かれたいのか、それとも嫌われる覚悟で突き抜けるのか。

 「少なくとも、みんなに好かれる人は、『歴史の教科書』には載らないよね」

・予測不可能性

「すべてを公開、かつ、次の一手は誰にも予想させない」がぼくのモットーだった。「今度はその人に会ったか」「え、そこいくか」と思われたい。「やっぱりその人ね」と予想されたらすごく悔しい。

「ほとんどを公開、かつ、次の一手は誰にも予想させない、かつ、実はこんなこともやっていた」が新たなモットー。自分の可能性を自分で決めたくない。

信念を貫けば、嫌われることもあるだろうし、対立することもある。だけど、より強く応援してくれる人もきっと現れる。わざわざ嫌われるようなことをする必要はないけど、思うことをやった結果として嫌われるのは、気にしないこと。

「洋太には、普通の人間で終わってほしくない」

そう言ってくれる親友の存在は大きいです。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「海外旅行は定年後の楽しみ」でいいのか

普段仕事で接する60〜80代のお客さんと話していると、強く思うことがあります。 「定年までは仕事一筋で旅行なんてほとんどせず、退職してようやく海外に行けるようになった。貯めたお金で、残りの人生を楽しも …

no image

フィーリングの合う人たちと

この人と一緒に働きたいとか、この人の活動を応援したいって思うのはどんな人なんだろうと考えたときに、自分の場合それは能力の高さや地位の高さではなく、結局フィーリングが合うかどうかで決まる。そう言うと曖昧 …

都立芦花高校で講演してきました

世田谷区の都立芦花高校にて講演してきました。高校1年生280名の総合学習の一部として組んでいただきました。 先月に病気が判明したときは、この講演のお仕事も諦めるしかないかなと思ったのですが、ご依頼して …

横山光輝『三国志』全30巻を読み終えて

横山光輝の漫画『三国志』全30巻を読み終えました。長かった・・・! 漫画だからすぐ読めるかなと思ったのですが、意外なほどに時間がかかりました。別の本と並行して読んでいたからというのもありますが、やはり …

ライター(兼モデル)として、ユニクロとお仕事することになりました!

昨年末にユニクロの方からご連絡をいただき、1月からお仕事でご一緒できることになりました! 担当者の方が、ぼくが昨秋NewsPicksのランキングで総合1位になったのを見てくれていたそうで、その実績も信 …