Nakamura Yota

プロライター中村洋太のブログです。お仕事のご依頼・ご相談お待ちしております!

2017 クラフトビール 東海道五十三注ぎ(東京〜大阪600km徒歩の旅) 日本

【全ビール写真で振り返る】53杯のクラフトビールを注ぎながら東海道五十三次を歩いてみた

投稿日:2017年9月20日 更新日:

2017年1月、東京・日本橋から大阪まで、23日間かけて総距離592kmを歩いて移動した。旅の詳細はこちらの記事をご覧いただきたい。今回は、旅の途中で飲んだクラフトビールを全て写真で公開する。

「東海道五十三次」に掛けて、目標は53杯に設定していたが、最終的に58杯飲んだ(一部クラフトビールと言えないもの(?)も混ざっているが、少なくとも53杯はクラフトビール)。

1/53 横浜「THRASH ZONE」の「SPEED KILLS」

2/53 横浜「THRASH ZONE」の 「WORLD DOWNFALL STOUT」

3/53 茅ヶ崎「GOLD’N BUB」の「ホイッスルソング」

4/53 茅ヶ崎「GOLD’N BUB」の「ジャックナイフ」

茅ヶ崎「beer cafe HOPMAN」
5/53(左)#138 UME 2 HIGH(うしとら/栃木)
6/53(中)アップルホップ シナノスイート(南信州ビール/長野)
7/53(右)鬼伝説 金鬼ペールエール センテニアル•HBC431 Ver.(わかさいも本舗/北海道)

箱根ビアバー(小田原)
8/53「箱根ピルス」

箱根ビアバー(小田原)
9/53「小田原エール」

箱根ビアバー(小田原)
10/53 「風祭スタウト」

11/53 早稲田ビール
元箱根のセブンイレブンで購入

12/53 箱根七湯ビール
元箱根のセブンイレブンで購入

13/53 スルガベイインペリアルIPA(沼津・ベアードビール)

14/53 沼津ラガー(沼津・ベアードビール)

15/53 修善寺ヘリテッジヘレス(沼津・ベアードビール)

16/53 ライジングサンペールエール(沼津・ベアードビール)

静岡 クラフトビアステーション
17/53 Session IPA 「反射炉ビア」のクラフトビアステーション限定のビール。

静岡 クラフトビアステーション
18/53 反射炉ビアの太郎左衛門Pale Ale

19/53 STONE 20TH ANNIVERSARY CITRACADO IPA

20/53 静岡「闇よ棚」のオリジナルクラフトビール「両替町ベストビター」

21/53 AOI BREWING の 「zen-infused OCHA ALE」
ゼンインフューズド お茶 エール

22/53 AOI BREWING の 「GARAGE REVOLUTION DRYSTOUT」
ガラージ レボリューション ドライスタウト

23/53 AOI BREWING の 「PAID VACATION IPA」
ペイドバケーション IPA

24/53 AOI BREWING の「ICE BREAKER GOLDEN ALE」
アイス ブレーカー ゴールデン エール

25/53 風の谷のビール ヴァイツェン

26/53 風の谷のビール ピルスナー

27/53 バイエルンマイスタービール

28/53 アマリロIPA(湘南ビール)

29/53 STOLEN ADDICTION ALT ストールン アディクション アルト (Aoi Brewing/静岡)

30/53 High Wire American Pale Ale
Magic Rock (イギリス)

31/53 レッドローズ・アンバーエール(ベアードビール)

32/53 ゴールデンティルナ(ベアードビール)
浜松「ティルナノーグ」でしか飲めないビール。ティルナノーグ1周年記念のときベアードに特注したビール。

33/53 ウィートキングウィット(ベアードビール)

34/53 大工さんのみかんエール(ベアードビール)

35/53 スルガベイインペリアル (ベアードビール)

36/53 早摘みレモンエール(湘南ビール)

37/53 岡崎「HYAPPA BREWS」の「家康B」
岡崎生まれの徳川家康の信念や生き方に尊敬の意を込めて作ったビール。原料には岡崎藤川町産のむらさき麦や、健康オタクでもあった家康が飲用した漢方「霊芝れいし」を使用している。

38/53 岡崎「HYAPPA BREWS」の「岡崎嬢」

39/53 キリン「名古屋づくり」

40/53 ベルギーのクラフトビール「ギロチン」

41/53 ワイマーケットセッションIPL(名古屋・ワイマーケット)
軽やかで華やかな飲み口のラガービール。「ワイマーケット」のイチ押しビール!

42/53 金山GOLDEN(名古屋・ワイマーケット)
深めのゴールドカラーに複数のホップが溶け込んだゴールデンエール。

43/53 ノワールヘッズ(名古屋・ワイマーケット)
コーヒーやチョコレートを思わせる、やや強めのローストモルトの香ばしい風味の奥に軽い甘みを感じることのできるスタウト。

44/53 赤面ドクロ(名古屋・ワイマーケット)
4種類のアロマホップが織りなすクリーンで複雑な苦味を持ち、グレープフルーツのような柑橘感とフローラル感、ミディアムハイでモルティたボディ。

45/53 ブリリアントスカイ ペールエール(名古屋・ワイマーケット)
メインホップのCitra Simcoe Mosaic に加えて、花や蜂蜜のような優しく華やかなキャラクターを持つAmarilloをブレンド。

46/53 ホップモノクローム Ver.ネルソンソーヴィン(名古屋・ワイマーケット)
白ワインや洋ナシを思わせる香りが特徴的。

47/53 長島地ビール ピルスナー

48/53 伊勢角屋×Still Water「Spring Fever」

49/53 かめやま地ビール「乾杯のうた」ケルシュ

50/53 熊野古道麦酒

51/53 京都醸造 冬の気まぐれ (ホワイトペールエール)

52/53 京都醸造 熱帯波の嵐(アメリカンIPA)

53/53 京都麦酒 蔵のかほり

54/53 京都麦酒 アルト

55/53 京都麦酒 ケルシュ

56/53 貴醸GOLD(國乃長ビール・大阪)

57/53 JAPANESE CLASSIC ALE (常陸野ネストビール・茨城)

58/53 セントアンドリュース(ベルヘイブン・イギリス)

 

58杯の中で一番のお気に入りは、

48番目の 伊勢角屋×Still Water「Spring Fever」でした!これはまた味わいたい!

-2017 クラフトビール 東海道五十三注ぎ(東京〜大阪600km徒歩の旅), 日本
-

執筆者:

関連記事

西海岸カルチャーを感じる町。「蔵前」の衝撃

ぼくがあまり出歩かないからか、友人から「蔵前がおもしろい」と聞いたときは、少し意外だった。そもそも、蔵前ってどこだっけ? 地図を眺めると、浅草から隅田川に沿って少し南のエリアだった。そういえば、以前か …

歩いて東海道五十三次の旅 振り返り

今回の旅についてのメモを箇条書きしていきます。丁寧に書こうとすると時間がかかるので、煩雑でもいいから、忘れないうちに思ったことを書き留めておきます。必要なときにここから要素を引っ張り出せるように。 ・ …

【小豆島・豊島】五感で味わうアート旅。高松を拠点に瀬戸内の島巡りへ

2018年最初の旅はどこへ行こうかと考えていたとき、高松でゲストハウスをやっている方から「ぜひ遊びに来てください」とお声がけいただいたのがきっかけで、6日間高松へ行くことにしました。 先日ハワイへの旅 …

「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」と協力者の募集

1月10日からやろうとしている、新しい挑戦についてお知らせします。 大学生の頃、司馬遼太郎の歴史小説にハマりました。読むなかで驚いたのは、昔の人が、山口にいようが、高知にいようが、京都にいようが、何か …

クラフトビール 東海道五十三注ぎ(19)水口〜草津

53杯のクラフトビールを飲みながら、 東京〜京都 東海道500kmを歩く企画! クラフトビール 東海道五十三注ぎ 第19ステージ 水口〜草津 24km 本日までのクラフトビール 50杯/53杯 東海道 …