Run to Infinity

by Yota Nakamura /// 「自転車で世界を旅する元添乗員ライター」中村洋太の挑戦と情報発信のブログ

【自転車旅(環島)】「ツール・ド・台湾」(3)台中〜嘉義

   

朝はローカルのお店で、葱餅。なかなかいけました!

sponsored link

ツール・ド・台湾 
第3ステージ
台中〜嘉義 97km

台中の郊外に台湾屈指のインスタ映えスポットがあると聞いて、行ってきました!

「彩虹眷村」(Rainbow Village)

90歳を越えたおじいさんが退屈しのぎに家に絵を描き始めたら、台湾屈指の観光名所になったのだとか!

次から次へと観光バスがやってきました。

 

ぼくも自撮り棒を持った若い女性たちに混ざって頑張りました。

 

さて、今日の見どころと言えばこれくらいのもので、あとは残り90km、ひたすら走り続けました。

お昼はセブンイレブンで買ってみました。おにぎりとおでんとバナナ、計370円。

おにぎりの味はまずまず。しかしご飯が少しポロポロこぼれやすい。

おでんはちょっとイマイチ。外観は日本のと同じようですが、中に入っていた具が台湾風でした。それがあまり好みの味ではなかった。

昨日のドリンク体験が忘れられず、今日も立ち寄りました。

台湾にはファーストフードならぬ、ファーストドリンク店が非常に多いです。

お茶の種類も豊富で、文化の豊かさを感じます。面白いのは、ドリンクを袋に入れて渡してくれることと、デリバリーが盛んで配達人が大忙しなこと。

 

さっきのお昼では足りなかったので、途中でマック。セットで400円くらい。

 

残り30km。

 

ゴール。今日もゲストハウス。一泊1300円。

台北を出発して、300kmほど走りました。東京〜豊橋くらいの距離です。

もうリュックが重過ぎて、投げ出したいくらい肩が痛いです。一眼レフ、パソコン、各種充電器、書籍はじめ、2週間分の荷物を全て肩に背負っているから。。

台南か高雄でマッサージを受けよう。

夜ご飯は、地元の「素食」レストランに初挑戦!

台湾の町では、「素食」という看板をよく見かけます。これは、ベジタリアン料理のお店。宗教上の理由などで、ベジタリアンの人は結構多いそうです。そんな人が、「素食」と書かれたお店で食べています。

宿の近くに賑わっているお店があったので、行ってみました。

ビーフン、サンラータン、もやし炒め。全部で475円!とくにサンラータンがおいしい!

気に入ったのでまた行ってみます。素食は「スーシー」と読みます。

レストラン関係でもうひとつ話すと、「自助餐」と書かれた看板も多く見かけます。

これは「ビュッフェ」の意味です。自助=セルフサービスだから。

おかずがたくさん置いてあって、好きなものを取ってお会計。かなり安いみたいです。こちらも今度行ってみます。

「秘密基地」という名のおしゃれなカフェをGoogle Mapsで見つけました。位置バレバレですが。

コーヒーはおいしかった。ブログも無事書けた。毎日いっぱいいっぱい。

嘉義までが亜熱帯で、ここから南は熱帯です。さらに暑くなると思うとゾッとします。今日ですら30℃近くまで上がったのに。

明日は台南に向かいます。

sponsored link

 - 2017 自転車で台湾一周の旅「ツール・ド・台湾」, 台湾