やってみた ツール・ド・和菓子 ドコモ・バイクシェア活用例 日本 行ってみた

【ツール・ド・桜餅】自転車で桜餅の名店を訪ねてみた!

投稿日:2017年4月1日 更新日:

今日は「ツール・ド・桜餅」を開催!

ドコモ・バイクシェアの電動アシスト付き自転車を利用し、桜を眺めつつ和菓子屋を巡った。

あいにくの雨となったが、幸い小雨だったので実施。半蔵門のサイクルポートで自転車を借りる。初めて利用する2人は、スマホでささっと利用登録。

いよいよスタート。

彼女たちは早稲田の同級生と後輩。

最初に訪ねた半蔵門の「一元屋」は、「きんつば」の名店。

千鳥ヶ淵公園を歩いたが、残念ながらここはまだ3分咲き程度。

しかし菜の花は綺麗だった。

桜も、場所によっては綺麗に咲いていた。

市ヶ谷、九段下を通り、神楽坂へ向かった。

「五十鈴」は、桜餅の名店。ここで桜餅について復習!

「長命寺」と「道明寺」 桜餅の歴史と種類

桜餅が生まれたのは、江戸時代のこと。享保2年(1717年)、8代将軍徳川吉宗が隅田川沿いに桜を植えさせたことで、花見客で賑わうようになった。しかし、大変だったのは桜の葉の処理だった。向島・長命寺の門番をしていた山本新六は、「この桜の落葉を何かに生かせないか」と考え、塩漬けにし、餡を包んだ皮に巻いて試しに露店で販売してみたところ、これが大いに繁盛し、後に長命寺の中で桜餅を売るようになったそう。今でも向島の「長命寺桜もち」では、当時から変わらぬ味を受け継いでいる。

長命寺桜餅が江戸風、関東風と言われるのに対し、道明寺桜餅は上方風、関西風と言われる。こちらは小麦粉ではなく、「道明寺粉」という材料で皮を作っている。道明寺粉は、大阪府藤井寺市の道明寺で最初に作られた、水に浸し蒸したもち米を干して粗めにひいた食品である。もともとは保存食として使われたそうだ。道明寺桜餅は、団子状に丸くして餡を包んだもので、ツブツブの食感が残っている。それが長命寺桜餅との違いだが、塩漬けの桜の葉で包まれているという点は、共通している。

結論、どちらもおいしい。

3軒目は、毎度訪ねている「梅花亭」へ。

訪れるたびに商品が変わっていて楽しい。今はもちろん桜餅。

神楽坂で友人がひとり途中合流し、今度は曙橋へ。

「大角玉屋」はいちご豆大福の元祖のお店。

食べた!

市ヶ谷駅。

そして永田町で自転車を返却して解散!楽しかった!

永田町の桜が一番綺麗だった!

-やってみた, ツール・ド・和菓子, ドコモ・バイクシェア活用例, 日本, 行ってみた
-,

執筆者:

関連記事

【元海外添乗員としてこれだけは言いたい】ミュシャ『スラヴ叙事詩』展を見逃したら一生後悔するレベル

異例の会期延長が続いた、プラハでの『スラヴ叙事詩』展 2015年3月。プラハのヴェレトゥルジュニー宮殿。扉を開けた瞬間、あまりの作品の大きさに息を呑みました。 アルフォンス・ミュシャ(ムハ)の最高傑作 …

【香川県】知られざる絶景!「日本のウユニ塩湖」父母ヶ浜(見頃、アクセス、バス、駐車場、干潮情報まで)

この7年間、旅行の仕事に携わってきたので国内外の多くの観光スポットを訪れてきました。あるいは世界中の「絶景」と呼ばれる場所を、本や雑誌で目にしてきました。大概の「絶景」には見慣れていたからこそ、香川県 …

急速に増えるアマゾンのリアル店舗「Amazon Books」とアメリカの書店事情

UTCというサンディエゴ郊外のショッピングモールを歩いていたときのこと。見慣れた名前の、見慣れないお店があった。 「Amazon Books?」 Amazonにリアル店舗なんてあっただろうか? 調べて …

【シリコンバレーのオフィス見学②】Airbnb本社へ行ってみた!

サンフランシスコ市内中心部にあるAirbnbの本社に招かれた。 ご招待してくださったのは、Airbnb本社で働くTerry Kimさん。彼女とは昨年東京で出会った。 ぼくは東京で、Airbnbの体験ホ …

【GWが見頃】美しきネモフィラ。茨城県・ひたち海浜公園に行ってみた!

2014年4月27日のことだが、国営ひたち海浜公園を友人と自転車で訪れた。二子玉川から1泊2日の旅だった(初日は土浦泊)。 2日目、混雑が予想されたので、開園時間である9時半までに着きたいと思い、必死 …