2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」 アメリカ 行ってみた

アメリカ版「1000円カット」のようなお店で髪を切った結果

投稿日:

Before

 

After

 

「ツール・ド・西海岸」スタートまで、あと6日。旅の協賛者は60名を超えた。

「いよいよ始まる」という楽しみな気持ちが半分、「無事にゴールまでたどり着けるだろうか」という不安が半分。

気が緩まないように、髪を切って、気合いを入れた。日本人美容師のお店は非常に高いため、失敗してもネタにしようと思って、アメリカ版「1000円カット」のようなお店へ行ってみた。細かい指示を英語で伝えられず、「very short please」でお願いしたが、想像していたよりも悪い結果にはならなかった。

サンディエゴに来てから、長らく言葉を紡ぎ出すことに時間を割いてきたけど、ここから先は、身体と汗で伝えていきたい。1万km以上を自転車で旅してきた。久しぶりの長旅だが、ここからが自分の真骨頂だと思う。

-2017 サンディエゴ語学留学&アメリカ西海岸縦断自転車旅「ツール・ド・西海岸」, アメリカ, 行ってみた

執筆者:

関連記事

【ツール・ド・西海岸 第1ステージ】迷彩服でもダメ? まさかのハプニング

自転車でアメリカ西海岸縦断の旅 ツール・ド・西海岸 第1ステージ サンディエゴ(San Diego)〜サン・クレメンテ(San Clemente) 89km 明け方まで小雨が降っていたが、出発する頃に …

日本語を学ぶアメリカの子どもたちに、日本について英語で授業してみた!

先日、サンディエゴに住むカオリさんから面白い提案があった。 カオリさんは週に1度、アメリカ人の子どもたちに日本語を教えているのだが、 「洋太さん、今度私の日本語の授業で、特別ゲストとして子どもたちに英 …

【DAY20】Amazing Sedona!!

Good morning. I wake up 04:45 this morning and drove the camper. I could drive well although I&#8217 …

16歳の中国人をサイクリングに誘ったら、圧倒的な行動力と発想力の違いを見せつけられた話

先日この記事でも紹介した、16歳の中国人ティンハオ。イチローも通うという、サンディエゴで一番高級な寿司をご馳走してくれた。 お父さんは中国で2つの会社を経営する人物ということだけあって、凄まじく豪快に …

「目が見えないから『見える』こともある」辛坊キャスターと挑んだ太平洋横断。全盲のセーラー岩本光弘さんの挑戦は続く。

まさか日本から遠く離れたサンディエゴで、岩本光弘さんにお会いする機会に恵まれるとは思ってもいなかった。2013年に、ニュースキャスターの辛坊治郎さんとともにヨットでの太平洋横断にチャレンジされた全盲の …