スウェーデン

スウェーデンの驚きのお酒事情と「システムボラーゲット」

投稿日:

「スーパーに行く前に、洋太くんに見せたい場所があるから寄ってみよう」

と言われて入ったのは、一見普通のスーパーのように思える場所でしたが、ここにはお酒しか売っていませんでした。

(お酒専門の店なら日本にもあるし、そんなに珍しくない)

と思ったのですが、実はスウェーデンの「特殊なお酒事情」を知るには外せない場所でした。

「このお店はシステムボラーゲット(Systembolaget)と言って、国が運営しているんだよ。アルコール度数3.5%以下のお酒は普通のスーパーやガソリンスタンドでも買えるんだけど、3.5%以上のお酒は、システムボラーゲットにしか売っていないんだ」

つまりスウェーデンでは、ほとんどのビールやワイン、ウィスキーなどのアルコールは、町の中心やショッピングモールなど全国に点在する「システムボラーゲット」でしか買えないのです。

もちろんレストランやバーへ行けばお酒を飲めます。しかし、家で飲みたければここで買うしかありません。日本のように「ちょっとコンビニでお酒を買ってくる」ということができないのは不便そうです。

一方で、国がお酒の流通量を管理できるなどのメリットはあるようです。

国営だというのでお粗末なのではないかと舐めていましたが、品揃えの豊富さとディスプレイの美しさにビックリしました。

ビールは、エール、ラガーなど種類ごとに、世界各地のビールがありました。これはビール好きにはたまらない場所でしょう。

また、ここに売っていないビールがあったとしても、リクエストをすれば取り寄せてくれるそうです。

スウェーデンのクラフトビールはパッケージがかわいくて、お土産にも良さそうです。

どこの街にも存在するので、スウェーデンでお酒を買いたくなったら緑の看板を探してみてください。

-スウェーデン

執筆者:

関連記事

ドイツ&北欧 旅の収穫と学びについて

ベルリンの居心地の良さ ベルリンは不思議な街で、「ここ!」という具体的な好きな場所があるわけではないのだけど、街自体の居心地が妙に良い。イタリアやスペインのような陽気さはありませんが、むしろその落ち着 …

スウェーデンの古都ルンドへ

大学の優秀な後輩がかつて南スウェーデンのルンド大学に留学していて、その子がよくスウェーデンの話をしてくれていたから、いつかルンドという街へ行ってみたいと思っていました。 今から1ヶ月ほど前、コペンハー …

【98%が電子決済】スウェーデンのキャッシュレス文化を体感した話

現金で切符を買うと損をする ルンド駅近くのカフェでエンニと再会したとき、 「久しぶり〜!洋太くん、あと5分後に電車が来ちゃうんだけど、すぐ出られる?その後の電車は30分後なんだ」 と言われました。彼女 …

【16時退社】スウェーデン流「強制」コーヒー休憩が労働生産性を高めている!?

16時から始まる帰宅ラッシュ エンニの家にいると、16時頃に旦那さんが仕事から帰ってきたのでビックリしました。 「いつもこんなに帰りが早いの!?」 「16時は早い方だけど、でも16時半か17時くらいに …

「We trust the government.」消費税25%でも満足するスウェーデン人

先日の旅行で最も忘れられないセリフだったので、この話をしなくてはと思い、スウェーデンでの話に遡ります。消費税についてエンニのご主人と話していたときのことです。 スウェーデンの消費税は25%です。ただし …