ブログ

フリーランスの罠と、大切にしたいこと

投稿日:

一般的な話ではなく、あくまで自分自身の問題としてだけど、

フリーランスになっても、罠はある。

① できることだけをやってしまう

とりあえず食っていかないといけないから、今持っているスキルで、仕事をする。

ぼくであれば、文章を書くこと。今までもやってきた、できること。

でも、いつの間にか、それが「やりたかったこと」にすり替わっていることがある。

違う。それはできることであって、やりたくないことではないけれど、本当の意味でやりたいことではない。説明が難しい。

できるとわかっていることをするのは、当然大切なことなんだけど、

でもそれだけではいけない。自分の場合。

できることをするためにフリーランスになったのではなく、

できるかわからないけど、やりたいことをやるために、フリーランスになった。

そこを忘れてはいけない。

挑戦することを自らに課さないと、ズルズルと楽な方向にいってしまうことがある。

ぼくがとくにやりたくもない儲け話に手を出して1億稼ごうが、宇宙レベルで見れば、そんなこと超どうでもいい話で、

たとえ今はその価値を認められなかったとしても、ぼくじゃないとできないことをやらないと。

少なくとも、その方向に向かっている自分でありたい。

じゃないと、何のために生きているんだかわからなくなる。

ゴッホの絵だって、彼の生前に売れたのは、たった1枚だけだった。でも彼は、売れないからといって、スタイルを変えなかった。そういう信念を大切にしたい。

② 自己投資せずに、守りに入ってしまう

収入が減る分、なるべくお金を使わないようにする。

これも罠だと思った。

リスクを取らないでいたら、大した成長はできない。

海外に行きたいなら、行くと決めてしまう。

他人のことはどうこう言わないけど、

ぼくにはどうしてもやりたいことのためにスポンサーを集めた経験があるから、

 「お金がないから海外へ行けない」と言うのは、自分にとっては言い訳。

まず、行くと決める。状況は無視して、先に決めてしまう。

決めてから、その方策を考えて、行動を起こす。

そうしないと、色々なことはできない。

お金を一切かけないで自分を成長させることなんて、なかなかできない。

本を買うのも、海外へ行くのも、人と会うのも、基本的にはどこかしらでお金がかかる。

とにかく自分の成長ややりたいことのためには、お金を使う。

あとで必ず回収できると信じて、無理してでも使う勇気を持った方がいい。

以上、2つの罠を、最近は感じているところ。

その他、大切にしたいことをいくつか。

本質的に生きたい。生きることの本質を追いたい。美しく生きたい。

先日、チェリオ専務取締役の菅大介さんとお話ししていて、意見が一致したのは、

「美しく生きたいよね」ということ。

ぼくは昔から、迷ったら「美しさ」を感じるものを選ぶ。

数学が好きだった影響が大きくて、定理や公式には、シンプルで無駄のない美しさがあるから、

逆に言えば、シンプルで無駄のない美しさを感じたら、それが正解なんだろうと思っている。

体験を第一に

言葉を生むため、つまり書くために何かをしようとするのは、本来順番が逆。

体験を第一に。骨の髄まで染み渡るような強い体験をしたら、書かずにはいられなくなる。そしたら書けばいい。

突き抜ける体験

もうひとつ、菅大介さんから言われたのが、

「洋太、お前は突き抜けろ」という言葉。

そう、せっかくフリーになったのだから、中途半端なことをやったらいけない。

真面目でもバカでもいいから、とにかく振り幅を大きくした方がいい。

突き抜ける体験をした方が、おもしろい。

今までの経験でできることをやるだけの人間にならないでほしい。

未知のこと、わからないことに直面して、そこを突き破っていく。そんな体験をしたい。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

複業時代のロールモデルになりたい

「複業時代のロールモデルになりたい」と、最近よく思います。 新卒で入社してから、ひとつの企業で定年まで働く。昔はそれが当たり前だったかもしれませんが、ネットの発展によって、様々なことができるようになっ …

登山家・栗城史多さんの死に思うこと(3)「死を意識する」

昨日からずっと、「もし自分が35歳で死ぬとわかったら、明日からの生き方を変えるだろうか」と考えていました。明日が今日になってみて、何が変化したのか、よくわかりません。ただ、「変わらなきゃ」という想いが …

【第3ステージ 身体で理解した「日本地図の正しさ」】無名の大学生が「スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパを一周する」という夢を実現した話

「ツール・ド・西日本」が始まった。 目指すは九州。ぼくは自転車のフロントバッグに一冊の地図帳を入れ、横須賀を飛び出した。初日に箱根の山を越え、静岡県富士市までやってきた。走行距離は136km、まずまず …

「地震前と地震後」の反響から学んだこと

1年以上前の話だ。 飼っているネコの写真を撮った直後に、震度4くらいの地震があった。表情が一変して、テーブルの下で怯えるネコ。一瞬の間に起きた変化をTwitterに投稿したところ、ほんの数日のうちに2 …

プロBMXライダー 池田貴広さん

日本が世界に誇る、プロBMXライダーの池田貴広さんが訪ねてきてくださいました。 昨日の深夜に突然メッセージをいただき、急遽今日会うことに。とても尊敬している方なので、連絡いただけて嬉しかったです。 ギ …