ブログ

横手のかまくら祭り

投稿日:2016年2月15日 更新日:

12699325_1098632283510359_1647449851_o

「秋田弁では、『け』という言葉に、3つの意味があるんですよ」

と、秋田県出身のガイドさんは言った。

ひとつは、『食え』

「うめがらけ~」は、おいしいから食べな~。

ふたつめは、『来い』

「こっちさけ~」は、こっちに来なさいよ~。

みっつめは、『かゆい』

「せながけ~」は、背中かゆいよ~。

という意味になるそうだ。

ちなみに「く」は、食う、という意味になるそう。

「だから秋田の人は、『け』、『く』で会話が成り立つんですよ~」

頑張って標準語で話すのだけど、どうしても言葉の端々に秋田弁が出てしまうガイドさんに、一同は和んだ。

(なんだ、大した雪じゃないじゃないか)

と思って秋田に入るも、いやいや、夜はすごい大雪だった。あっという間に積もる。それでも「今年は雪が少ない」と、地元の人はなんでもないという様子だった。

12754954_1098634816843439_1214431425_o

さすが日本有数の豪雪地帯。見たこともない除雪機械がたくさん。歩道では小さなスプリンクラーが絶えず雪を溶かしていて、大曲駅ではパトカーに積もった雪を警官たちが落としていた。

12752108_1098632340177020_156972041_o

「みちのくの小京都」と謳われる角館では、地元の語り部が「昔はこうして雪道を歩いたんだ」と教えてくれた。

12699225_1098632286843692_859462220_o

12754998_1098632303510357_1282682308_o

横手では、年に一度のかまくら祭りが行われ、「入ってたんせ~(入ってください)」「あがってたんせ〜(お餅や甘酒を召し上がってください)」という子どもたちの元気な声が夜を照らした。

12698762_1098632390177015_83151121_o

おそらく世界にひとつだけ?の「かまくら交番」もあった。

12722558_1098632326843688_2122658309_o

ミニかまくらは幻想的だった。

12722550_1098632353510352_1748035860_o

かまくらの中は暖かく、子どもたちが甘酒やお餅をくれた。

12675164_1098632360177018_1343225299_o

少し奥まったところに来ると、観光客慣れした国内外のお祭りとは異なる、純朴な風情があった。だいたい気持ちとして100円くらい渡すのが通例なのだが、子どもたちは少しも「しめしめ」という顔はせず、心からの「ありがとうございます~」という気持ちのこもった返事をする。

むしろそのことの方に、温かさを感じた。

12752257_1098632410177013_2008358506_o

挑戦は続く。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新しい名刺ができました!

アメリカから帰国して、携帯の電話番号が変わったので、名刺を作り直そうと思っていました。ついでにデザインも少し変えようかなと。今週中には発注しようと思っていました。 そしたら昨日、突然連絡がありました。 …

新しい仕事を探している経緯

自由を求めて会社を辞めたけど、自由というのは最低限の収入があってこそだと気付いたのが、フリーランス1年目の収穫でした。完全な自由では意外と身動きが取りづらい、ということがわかりました。 安定的なものが …

梅の木に止まるウグイスは、影にしかいない

「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」 という歌が詠まれたほど、本間家は大金持ちだった。 しかし、ただの大金持ちではない。酒田の人々に愛された。それは、CSRなんていう言葉が当然なかった江戸 …

【2018年】旅と発信の記録

2018年1月 香川県の旅 【小豆島・豊島】五感で味わうアート旅。高松を拠点に瀬戸内の島巡りへ 【香川県】知られざる絶景!「日本のウユニ塩湖」父母ヶ浜(アクセス、バス、駐車場、干潮情報まで) 【香川県 …

登山家・栗城史多さんの死に思うこと(2)「気持ちの変化に向き合う」

一度「これが自分のやりたいことだ」「私の夢は◯◯です」と宣言して、人にも応援されたりすると、仮に途中でやりたいことが変わったとしても、切り替えづらくなります。たとえ気が変わっても、自分に嘘をついてしま …