特発性後天性全身性無汗症(AIGA)

コリン性蕁麻疹への効果的な治療法

投稿日:2019年12月6日 更新日:

以下の記事で書いたように、先週コリン性蕁麻疹が再発して焦ったのですが、意外なことに、それからの状況はむしろ良い方向に進んでいます。

コリン性蕁麻疹が再発した翌日から一週間毎日サウナに通ったのです。「サウナで汗を出す→冷やす」を毎回3セット。すると、汗腺機能が改善された模様で、日に日に症状が軽くなっていきました。あれから一度もコリン性蕁麻疹は出ていません。

暖かいカフェなどにいても、「以前だったら、この温度で痒みが出ていたな」という場面で、何も起きないか、起きたとしてもほんの少しピリっとした痒みが出る程度。

たった一週間でここまで効果が出ているので、このままサウナ通いを継続していけば、おそらく状況はさらに良くなっていくでしょう。

ぼくの現状を整理すると、「特発性後天性全身性無汗症(AIGA)」という指定難病は、5〜7月に入院して行った3度のステロイド・パルス療法により、一旦治っています。理由は、今は全身の75%以上から汗が出ているからです。

ただし、コリン性蕁麻疹が再発したことから、おそらく以下のことが予想できます。

・汗を出さない日が長く続く
→温まった時に身体の痒みが出る
→コリン性蕁麻疹が再発
→さらに放置
→特発性後天性全身性無汗症(AIGA)が再発

上記リスクを減らすためには、今は「毎日汗を出し続けることが重要」と認識しています。ぼくはこの認識が甘かったので、先週コリン性蕁麻疹を再発させてしまったのです。

少し前まではランニングを継続していたのですが、11月に入り寒くなってくるにつれて、汗をかきづらくなってきました。おまけに、汗が出るまでの時間は強い痒みが出てきました。すると、

・秋〜冬はランニングしても、汗が出るまで痒くて辛い
→走る気が失せてくる
→走らない(汗を出さない)日が数日続く
→温まった時に身体の痒みが出る
→コリン性蕁麻疹が再発

ということになるのです。それを避けなくてはいけなかった。

コリン性蕁麻疹は、春〜夏は比較的楽で、秋〜冬が辛い。この認識が重要です。

とくに夏は、放っておいても暑くて汗が出るので、何もしていなくても発汗機能が保たれます。

しかし、秋が深まるにつれて、発汗機能が急激に落ちてくる。なぜかはわからないけど、この病気の人はそうなのです。

だから、サウナに通ったりすることで、発汗機能を保ち続けるのが効果的です。宇宙飛行士が筋肉の衰えを防ぐために筋トレするように、ぼくも冬の間は毎日サウナに通うしかない。こればかりは嘆いていても変わらないから、状況を受け入れるしかない。

ただ、希望を持てるのは、サウナ通いを継続して1年ほどでほぼ完治したという人たちの存在です。

この2名の記録は、とても価値のあるものだと思います。

「コリン性蕁麻疹の治療法 〜発汗前の体のかゆみ・チクチクの治し方・完治まで〜」
(途中出てくるバスパウダーはリンク先が怪しいので無視してください)

「1年で完治!?」 僕が実践したコリン性蕁麻疹の治し方

ここまで書いてきたことが自分で理解できるまで、ぼくは常にコリン性蕁麻疹の再発を恐れ、不安な日々を送っていました。また症状が出てきたらどうしようと。

でも今は、不安がほとんど消えました。

コリン性蕁麻疹が出てきたとしても、「出てきた理由」がわかるし、「どう対処すれば良いか」もわかったからです。

暖かい季節ならランニングして汗を流せばいいし、寒い季節ならサウナで汗を流せばいい。それを継続するだけで、コリン性蕁麻疹は対処できます。

そしてもし汗が出ないなら、おそらく無汗症なので入院してステロイド・パルスをできるだけ早く受けるのがいいでしょう。そして退院したらすぐサウナで発汗トレーニングを繰り返す。現時点ではそれがベストだと思っています。

最も辛い冬を乗り越えられれば、それ以外の季節は余裕のはず。3月まで、サウナ通いを頑張ります。

-特発性後天性全身性無汗症(AIGA)

執筆者:

関連記事

「特発性後天性全身性無汗症(AIGA)」という難病を患いました

ご無沙汰になりました。突然ですが、5月20日から一週間、東京医科歯科大学 医学部附属病院にて入院しています。 最初の3日間、検査をしていました。 まず入院初日。発汗の有無と発汗部位を調べるために、ヨウ …

難病からの回復

今日は3度目の退院から2週間後の検査。経過は良好とのことで、ひとまず今後の入院は不要になりました! 汗が全身の3%からしか出なくなるという恐るべき病気でしたが、3回入院して、その後の毎日のランニングが …

特発性後天性全身性無汗症(AIGA)の再発危機

2週間くらい前から、暖房のきいたカフェなどにいて、身体の痒みを感じる場面が出てきました。 蕁麻疹などはなく、数分の痒みで済んでいたのだけど、それが昨日ついに、「コリン性蕁麻疹」が出てきてしまい、焦りま …

かすかな汗、一縷の望み

証拠写真を撮るまで汗を拭けなかった。 3度目の入院を終えて、夕方、日刺しが弱まったのを確認して散歩に出た。やっぱりまだ、途中で体温が上がり、背中が痒くなる。それでも珍しく保冷剤を当てずに耐えて、2 …