スペイン 記憶の風景

カレーリャのスイミー

投稿日:2017年3月1日 更新日:

その日ぼくは、バルセロナから自転車を漕ぎ出して、北に110km先のジローナという町を目指していた。

右手には美しい地中海が広がる。8月でも、日本のような湿気はない。突き抜ける風が爽快だった。

すぐ横を、列車が通り過ぎた。この列車は地中海沿いの町々を結ぶ。南仏のナルボンヌやマルセイユ、ニース、モナコを通って、さらにイタリアのリビエラ海岸を走りジェノバへと向かう、ヨーロッパでも屈指の景勝路線だ。

60kmほど走ったころだろうか。カレーリャという小さな町に入ると、美しいビーチが飛び込んできた。こんなところで泳いだら気持ち良さそうだ。

こちらの海は、日本の海と少し違う。海から出たとき、まるで真水に浸かっていたかのように体がサラサラしているから、シャワーを浴びる必要がない。だからバルセロナの人々にとって、海で泳ぐということは、日本人が考えているよりも、遥かに気軽なことなのだ。タオルと水着だけ持って、「今日は天気がいいし、ちょっと泳いでくるかな」という風に。バルセロナでお世話になったクミカさんが、そんなことを言っていた。

自転車を停めて、ビーチの写真を撮っていると、地元のおじさんが話しかけてきた。

「あそこに海の色の違うところがあるだろう」

「本当だ。何ですか、あれ」

「あれは小さな魚の群れなんだ。とても珍しい光景なんだよ」

たしかに、うねうねと姿を変えている。しかし、動きの揃い方があまりに見事なので、とても小さな魚の群れとは思えなかった。国語の授業に出てきた『スイミー』を思い出した。なんだか懐かしい。

ジローナまで、残り50km。道は内陸に向かい、バルセロナから続く海岸線に別れを告げた。

海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

-スペイン, 記憶の風景
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(24)バルセロナ(美術館巡り)

自転車に異変が・・・ 実はバレンシアを出たときから、自転車の様子が少しおかしかった。変速機が正常に作動せず(しかも両側)、軽いギアに移り変わらない。何度かタイヤを外していたので、その時のチェーンの入れ …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(28)ジローナ〜オロト

ブログに書いたとおり、昨日の夜アレキサンダーと知り合った。彼は「明日はバスでオロトへ行く」と言っていた。オロト・・・聞いたことのない街だ。そこはジローナより更に内陸部でピレネーに近いところ。火山の街ら …

【春の絶景】二子玉川の河川敷に広がる一面の菜の花

二子玉川の駅に向かって歩いていると、多摩川の土手が黄色く染まっていた。あまりにも見事な一面の菜の花。草をかき分け、夢中でシャッターを切り続けた。

【カナダ】「赤毛のアン」が過ごした世界一美しい島。プリンス・エドワード島

カナダ東海岸のセントローレンス湾に浮かぶプリンス・エドワード島は、島自体がカナダのひとつの州になっている。カナダで最も面積が小さく、最も人口が少ない州だ。小さな島にもかかわらず、世界各地から観光客が訪 …

【自転車旅】ツール・ド・ヨーロッパ(21)マドリード~バレンシア

ツール・ド・ヨーロッパ 第21ステージ マドリード~バレンシア お昼前、お世話になった高橋さんのお宅を出発。 マドリードとバレンシアは約350km離れている。以前、「マドリードからバレンシアへ向かう」 …