ブログ

飢え

投稿日:2016年1月12日 更新日:

いま、ぼくの頭の中は月末に控える「ツール・ド・九州」のことでいっぱいです。

「この町が面白そうだから、どうにか立ち寄れないか」

「ここの道路は路面が凍結している可能性があるから、万が一に備えて鉄道が通っているこっちの道を走ろう」

「宮崎にはあの人が住んでいるから、泊めてもらえないか」

など、目標に向かって考えを巡らせている時間が楽しいです。

でも、ぼくは過去の経験から知っています。このチャレンジが終わったあとに、猛烈な虚無感と脱力感に襲われることを。

大きな目標があるときは、日々を過ごすのは簡単です。そのことだけを考えていればいいから。難しいのは、それが終わったあとに、どう自分をモチベートできるか。燃焼したあとは、自分を見失いやすいです。

「ツール・ド・九州」が終わったら、しばらくまとまった休みはないから、大きなチャレンジはできません。でも、小さな挑戦は続けていきたい。前橋まで自転車を漕いでみて、今まで人に会ったり、のんびりカフェで過ごしていただけの普通の週末でも、チャレンジすること、命を燃焼させることは十分できるとわかりました。

だから、週末は小さな挑戦を積み重ねていきたい。そのときに、スタンプラリーのように、達成感の得られる何かがほしいです。たとえば、「関東の温泉を制覇する」とか、「JR全線に乗車する」とか、積み重ねていった先に達成感が得られることが見えないと、ぼくの場合、継続は難しいです。単発の挑戦では、どこかで飽きてしまう瞬間が訪れます。

週末野心家になりたい。「ツール・ド・九州」が終わったあと、何を新たな目標に据えるか。今はそれを考えています。

汗をかいて、文章を書くこと。それは変わりません。

週末の挑戦だから、関東近辺から出るのはなかなか難しい。だから、関東近辺でもできる挑戦がいい。何か軸を持って、毎週末の挑戦を繰り返していきたい。

「毎週末、100km先の温泉を目指して自転車を漕ぐ」でもいいし、「毎週末、100km先の絶品和菓子を目指して自転車を漕ぐ」でもいい。何か、自分の中でしっくりくる目標がほしい。

挑戦に飢えています。バイタリティーの全てを注げる対象がほしい。もう無理、と倒れるような挑戦を、もっともっとしていきたい。

ときには潰れてもいい。


失敗するくらいが、ちょうどいい。成功することは素晴らしいけど、成功してしまったら、限界の位置がわからない。本当の限界を知りたい。知ったうえで、努力して乗り越えていきたい。思いっきり負けて、思いっっっっきり勝ちたい。「ちくしょー!」と叫びたくなるような、「よっしゃー!」と雄叫びをあげるような、そんな。

挑戦は続く。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

バッテリーが切れて

走ってて、この写真を撮ってInstagramに上げようとしてたら、iPhoneのバッテリーが切れた。それから現実の世界を1時間くらい走った。iPhoneがないと何時何分だかわからないし、LINEも見ら …

新年最初のチャレンジが決定!

年末からずっと早朝ランニングの習慣が続いています。 23時くらいに寝て、6時に起きています。 基本的に、平日の夜に人と会うのは辞めます。飲み会も極力行きません。 今は、「ツール・ド・九州」のコースを考 …

大人になるにつれて本質的なものに辿り着くのだと思っていました。けれど

花まる学習塾 代表の高濱正伸さんが、学生時代に日記を書いていたという話をしていました。 「もやもやした思いが心の中で充満してきたら、すべて日記に吐き出していました。そうすると、すっきりする。物事が整理 …

食について思い出す、3つのエピソード

-01- 高校生のときだったか、大学生のときだったか、忘れてしまったけど、あるとき友人から、「(中学の同級生の)◯◯が亡くなった」という話を聞いた。確か、何かの病気だったと思う。ぼくは同じクラスでもな …

これまでの実績と事例紹介

これまでの実績 ・会社員時代は旅行情報誌の編集者・ライターとして数多くの旅行記事を執筆。・2017年にフリーライターとして独立後、15以上のメディアで記事を執筆。会社員時代から合わせると100人以上に …