ブログ

代表的な記事(ライティング依頼のご参考にどうぞ!)

投稿日:2019年6月23日 更新日:

こんにちは、ライターの中村洋太です。これまでソフトバンク、朝日新聞社、ユニクロ、阪急交通社をはじめ、たくさんのメディアで記事を書いてきました。

「自分の体験や行動から得られた学びや気付きを通して、人に良い感化を与えたい」

これがぼくが文章を書くうえでのテーマです。様々な記事を書いてきた中で、このテーマに該当する記事をリストアップしてみました。合計で150万〜200万PVほどあります。

海外編

ベルギーのホテルのおばちゃんに「典型的な日本人め!」と怒られた理由

16歳の中国人をサイクリングに誘ったら、圧倒的な行動力と発想力の違いを見せつけられた話

アラスカに流れる「もうひとつの時間」

「中国のシリコンバレー」深センは驚きの最先端都市だった

トマト祭りよりも思い出に残っている、バレンシアでの出会い

「日本人だと伝えても、とくにメリットがないんです」サンフランシスコの今と、日本人としての危機感

【まとめ】シリコンバレーの本社オフィス見学とツアー紹介(Facebook、Airbnb、Google、Appleなど)

感動の交流編

「Where are you from?」から始まった、ある奇跡のエピソード

「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

謎のカザフスタン人を助けたら、予想外の出来事が待っていた。

「お兄さん、俺プロになりたい」夢を抱いた少年に背中を見せた2年間

台湾のおじいさんの話

気付き編

「あんたは可愛げがないのよ」という言葉から考えたこと

ホームで踊る女の子が教えてくれたこと

【皇室御用達】前原光榮商店の3万7000円の傘(16本骨)を買ってみた

Uber Eats配達員、体験レポート「初めての配達!売り上げは・・・」

「東海道五十三次」をアレンジしたら、とんでもない旅になった(vol.01)

自己との対話編

芸術、美しさ、使命感、感動を与えるもの

危険な道

もうちょっとできると思っていた

【人の自発性が溢れる世の中に】ぼくの使命感と、挑戦を続ける理由

インタビュー編

三木アリッサ直伝。「会社員インフルエンサー」になる方法

「世の中を変える旅人たちのハブになりたい」Huber.代表・紀陸武史の想い

拳銃強盗や食中毒など数々のトラブル…自転車で「アフリカ縦断」した大学生が得たモノ(DANRO) – Yahoo!ニュース

【第1回】英2部クラブが「異色の新スタジアム」建設に秘めた野心 ~欧州屈指のスタジアム建築士リタ・オチョア氏インタビュー~(1/3)

【第1回】主役は”球場”!? 異色の小説『ザ・ウォール』を生んだ”アウトローな球場” ~作家・堂場瞬一氏インタビュー~(1/3)

世界「100人の女性」に選ばれた90歳のおばあちゃん「まだ夢がいっぱいある」

セネガル戦の街の「メイド喫茶」 親日のロシア女子が「おかえりなさいませ!」

自由に表現する楽しさを、写真を通して伝えたい

「女性ひとりの世界一周」窪咲子さんの背中を押してくれた母の言葉

【報道されない3.11】地元の「語り部」が伝える南三陸の真実

クラウドファンディング 企画文章

ホップ栽培面積日本一!岩手県・遠野で「香る」クラフトビールに挑む!(794万円の資金調達に成功!)

その他の記事はポートフォリオをご参照ください。

ライティング メニューと料金はこちら

プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

-ブログ

執筆者:

関連記事

2019年 読んで良かった本ベスト20

2019年は良質な本やマンガにたくさん出会えた一年でした! とりわけ良かった作品をご紹介します!(順不同です!) 『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』 直感と論理をつなぐ思考法 V …

【第3ステージ 身体で理解した「日本地図の正しさ」】無名の大学生が「スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパを一周する」という夢を実現した話

「ツール・ド・西日本」が始まった。 目指すは九州。ぼくは自転車のフロントバッグに一冊の地図帳を入れ、横須賀を飛び出した。初日に箱根の山を越え、静岡県富士市までやってきた。走行距離は136km、まずまず …

近況報告

昨年は汗の出ない難病に苦しめられ、ようやく回復したと思ったら2020年もコロナウイルスにより波乱の幕開けとなりました。しかし、なんとか元気に生きています。 最近は朝日新聞デジタルで新連載を書いています …

フリーランスの罠と、大切にしたいこと

一般的な話ではなく、あくまで自分自身の問題としてだけど、 フリーランスになっても、罠はある。 ① できることだけをやってしまう とりあえず食っていかないといけないから、今持っているスキルで、仕事をする …

ブラショフと日本の意外な関係

中世の街並みを残す、ルーマニア第2の都市ブラショフを訪れたとき、ガイドさんがブラショフと日本の意外な関係について話してくれたのですが、これがぼくにとって実に興味深いお話でした。 「ブラショフは、東京の …