ブログ

代表的な記事(ライティング依頼のご参考にどうぞ!)

投稿日:2019年6月23日 更新日:

こんにちは、ライターの中村洋太です。これまでソフトバンク、朝日新聞社、ユニクロ、阪急交通社をはじめ、たくさんのメディアで記事を書いてきました。

「自分の体験や行動から得られた学びや気付きを通して、人に良い感化を与えたい」

これがぼくが文章を書くうえでのテーマです。様々な記事を書いてきた中で、このテーマに該当する記事をリストアップしてみました。合計で150万〜200万PVほどあります。

海外編

ベルギーのホテルのおばちゃんに「典型的な日本人め!」と怒られた理由

16歳の中国人をサイクリングに誘ったら、圧倒的な行動力と発想力の違いを見せつけられた話

アラスカに流れる「もうひとつの時間」

「中国のシリコンバレー」深センは驚きの最先端都市だった

トマト祭りよりも思い出に残っている、バレンシアでの出会い

「日本人だと伝えても、とくにメリットがないんです」サンフランシスコの今と、日本人としての危機感

【まとめ】シリコンバレーの本社オフィス見学とツアー紹介(Facebook、Airbnb、Google、Appleなど)

感動の交流編

「Where are you from?」から始まった、ある奇跡のエピソード

「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

謎のカザフスタン人を助けたら、予想外の出来事が待っていた。

「お兄さん、俺プロになりたい」夢を抱いた少年に背中を見せた2年間

台湾のおじいさんの話

気付き編

「あんたは可愛げがないのよ」という言葉から考えたこと

ホームで踊る女の子が教えてくれたこと

【皇室御用達】前原光榮商店の3万7000円の傘(16本骨)を買ってみた

Uber Eats配達員、体験レポート「初めての配達!売り上げは・・・」

「東海道五十三次」をアレンジしたら、とんでもない旅になった(vol.01)

自己との対話編

芸術、美しさ、使命感、感動を与えるもの

危険な道

もうちょっとできると思っていた

【人の自発性が溢れる世の中に】ぼくの使命感と、挑戦を続ける理由

インタビュー編

三木アリッサ直伝。「会社員インフルエンサー」になる方法

「世の中を変える旅人たちのハブになりたい」Huber.代表・紀陸武史の想い

拳銃強盗や食中毒など数々のトラブル…自転車で「アフリカ縦断」した大学生が得たモノ(DANRO) – Yahoo!ニュース

【第1回】英2部クラブが「異色の新スタジアム」建設に秘めた野心 ~欧州屈指のスタジアム建築士リタ・オチョア氏インタビュー~(1/3)

【第1回】主役は”球場”!? 異色の小説『ザ・ウォール』を生んだ”アウトローな球場” ~作家・堂場瞬一氏インタビュー~(1/3)

世界「100人の女性」に選ばれた90歳のおばあちゃん「まだ夢がいっぱいある」

セネガル戦の街の「メイド喫茶」 親日のロシア女子が「おかえりなさいませ!」

自由に表現する楽しさを、写真を通して伝えたい

「女性ひとりの世界一周」窪咲子さんの背中を押してくれた母の言葉

【報道されない3.11】地元の「語り部」が伝える南三陸の真実

クラウドファンディング 企画文章

ホップ栽培面積日本一!岩手県・遠野で「香る」クラフトビールに挑む!(794万円の資金調達に成功!)

その他の記事はポートフォリオをご参照ください。

ライティング メニューと料金はこちら

プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

-ブログ

執筆者:

関連記事

多摩川の河津桜

2週間前、多摩川河川敷をサイクリングしていると、前方にたくさんの人が集まっていた。 (なんだろう?) 近づいていくと、その正体は、桜だった。見事に咲いている。 (まだ2月中旬なのに?) どうやら調べて …

ポートフォリオを作りました!

フリーランスやクリエイターが無料でポートフォリオを作成できる「foriio」というサービスを利用して、ポートフォリオを作成しました! これまで外部メディアで書いてきた記事をまとめました! 数十万PVい …

no image

美しい。ただそれだけでいい。

この前、Twitterに流れてきた花火の写真がなんとも美しかった。 花火写真のこれまでのベストを見せて欲しいというリクエストを頂いたので、再掲になりますが四枚あげます。来年以降これ以上の写真が撮れれば …

大人になるにつれて本質的なものに辿り着くのだと思っていました。けれど

花まる学習塾 代表の高濱正伸さんが、学生時代に日記を書いていたという話をしていました。 「もやもやした思いが心の中で充満してきたら、すべて日記に吐き出していました。そうすると、すっきりする。物事が整理 …

【アラスカ】星野道夫さんと「もうひとつの時間」

頭上でオーロラが爆発したとき、ぼくは言葉を失い、夢中になってカメラを向けていたけど、最後は写真を撮るのもやめて、雪原の上に大の字になり、ただただ光のショーを眺めていた。この光景をしっかりと目に、そして …